死別カウンセリング こころの杖

大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導く死別カウンセリング こころの杖。傷ついた心で乗り越えようとすれば、心は疲弊してしまいます。 頑張らなくても大丈夫です、回復への道があります。 約10年、遺族の方と接して、思う大切なことは、①家族と繋がること、②選択肢を持つことと、➂争いの種を見つけ対処することの3つです。いずれ誰にでも訪れる死別、逝く側からおくる方、双方の視点から様々なことを発信していきたいと思います。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導く死別カウンセリング こころの杖。傷ついた心で乗り越えようとすれば、心は疲弊してしまいます。 頑張らなくても大丈夫です、回復への道があります。 約10年、遺族の方と接して、思う大切なことは、①家族と繋がること、②選択肢を持つことと、➂争いの種を見つけ対処することの3つです。いずれ誰にでも訪れる死別、逝く側からおくる方、双方の視点から様々なことを発信していきたいと思います。
いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「子供たちや家族に迷惑をかけたくない」との思いは誰しもですが、人生の終盤になると平均寿命から健康寿命を引いた年数を私達は家族は勿論のこと、医師や看護師、薬剤師、ケアマネ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。約10年の間、様々な遺族の方と接してグリーフ(悲哀)から長年、抜け出せないとかグリーフが特殊性を持ってしまう方がいらっしゃいます。なぜか。それは家族の力に違いがあるというこ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死は誰にでも訪れる何より平等な事柄ではないだろうかと、職業柄、日々感じるのですが人生100年時代は私たちに死をますます遠いことのように感じさせているように思うのです。TVでは ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。私は56才の時にグリーフケアを学ぶことになります。職業柄、ご遺族の方とお会いすることが多く、個人的な見解でお話していることに疑問を持ったことがきっかけです。当時、ペットと ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。親子間で問題を抱えている人は実に多く父と子、母と子の心のすれ違いが解消されないまま永遠の別れを迎えてしまうこともあります。今回のご相談は、四十年も前に亡くされた母親との ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。二人目のお子さんを数か月で亡くされた、30代のご夫婦ご夫婦で話し合った結果、家族の中にいつも一緒にいられるようにと手元供養を選択されましたその後のこともすでに話し合いは済 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。亡くなった方の形見としての毛髪を遺髪と呼びます。一般的には、故人が納棺される前に、遺族や葬儀社の方が故人の髪を切り、「ご遺髪」となります。故人の身体の一部である髪を、そ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。歳を重ねると、身についてくる色々なこだわりや思い込み考えると私にもたくさんあります最近、そのこだわりや思い込みが世代間や人間関係のトラブルを巻き起こすことが実に多いので ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「バタバタしていたんで考えも及びませんでした」と以前からよくある連れ合いの方からの「お骨が欲しい」のご相談特に逆縁(子供が親より先に死ぬこと)の場合や自身が若くてお子さん ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別や離婚(喪失)で連れ合いを亡くし、子供があった場合、男性には「子供のために再婚を」というのが一般的で女性には「1人でけなげに働き、子供を育て上げる」のを良しとするのが一 ...

↑このページのトップヘ