死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。グリーフは時間が解決してくれると考えられていますが、寄り添う対象があってのことです。社会情勢の変化で、死は話せることでは無くなった今、ネットを見ても答えは出ていません。自らの答えを自ら探さなくってはなりません。読んでいただき参考にしていただければ幸いです。

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。グリーフは時間が解決してくれると考えられていますが、寄り添う対象があってのことです。社会情勢の変化で、死は話せることでは無くなった今、ネットを見ても答えは出ていません。自らの答えを自ら探さなくってはなりません。読んでいただき参考にしていただければ幸いです。

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死後直後の衝撃の時期、私達は言葉を失ってしまいます。うつ的になり引きこもりの状態になり思考が停止し、自身が何を考えているか分からない状態になり、普通の判断力を失ってしま ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。先日、「ここにあるのは手元供養の骨壺なんですよ」というと80代のお義母さんは慌てて出られた。お嫁さんは「こういうものがあるんですね。家もそういうことを考えないとダメな時期 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。日々起こる衝撃的なニュースの背景に潜む様々な要因は個別の状況や心理を複雑に絡め持ち非常に重たい空気感を漂わせます。なるべく人に迷惑をかけないで自分の人生を完結させること ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。TVドラマ・白い巨塔の中で財前教授は自分が癌に侵され、初めて患者の気持ちが分かったと打ち明けるシーン。このことは、患者と医者との関係だけでなく本人とご家族との関係でも、見 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。いくら仲の良い夫婦でも当たり前なのですが・・・松の葉のように一緒に逝くわけにはいきません。ひとりになると色々なことに覚悟が必要なのですが覚悟がないままに決断すると、不安 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。夫を亡くした時、女性は男性と違い、地域や趣味など多方面で人と人とのつながりを持ったり、自身を開放する能力にたけているために癒される場面が多々あります。妻を亡くした時、男 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。もう、何年も経ち、生活もそれなりに楽しくやっているのに、突然、悲しみが襲ってくるそんな経験がある人は多いはずです。死別の悲しみを乗り越えるというと死別の悲しみとは全く切 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「私の悲しみを理解してもらえない」と訴える人は多い例えば、連れ合いに・・例えば、兄弟姉妹に・・例えば、義理の父母に・・「これが、他人なら私も分かるが身内なので許せない」 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。ぽっかり空いた心の寂しさに男性は女性を女性は男性を求める瞬間が多くなります。(女性の場合は警戒心を持ち合わせている場合も多々あります)どんなに強がっていても、他人には分 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。樹木希林さんと内田裕也さん何かと話題のお二方は強烈な個性で私にとっては芸能人という意識でしかありませんでしたが、2015年9月15日に「樹木希林的、捉え方」でアップした頃からと ...

↑このページのトップヘ