死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアアドバイザーとして遺族の方のお話していると、どんな生き方をしてきたかがとても大切なことであることが分かります。そして、『自分らく』生き抜くことが、自分や大切な人を悲しませないことだということが、鮮明に分かってきます。人生を「ありがとう」と終えるための発信をしています。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

グリーフケアアドバイザーとして遺族の方のお話していると、どんな生き方をしてきたかがとても大切なことであることが分かります。そして、『自分らく』生き抜くことが、自分や大切な人を悲しませないことだということが、鮮明に分かってきます。人生を「ありがとう」と終えるための発信をしています。
いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養品の企画販売会社「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。相続争いは資産があるから争うというように思いがちですが、実際は、資産の少ない家庭ほど争っているということになります。そして、この争いが死別の悲しみに拍車をかけます。お ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。子供さんに男の子がいなく、娘さんを全員嫁がせた場合、先祖代々のお墓は継承できなくなります。ご夫婦間で墓地や埋葬の事を話し合っておられないご家庭ではお葬式を済ませた娘さ ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。家族が病気療養すると、死の話はタブーである事務連絡的なもの以外、話さないのが常である深刻化すると、益々「縁起が悪い」と遠ざけられてしまう家族の死に対する思いや考え方自 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。親御さんへのグリーフケアカウンセリングはお父さんを失くされた、ご本人のグリーフケアカウンセリングから始まりました。ご自身のグリーフ(悲哀)の中に離れて一人で暮らすお母さ ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。連れ合いが癌療養して、全ての夫婦や家族の絆が、今まで以上に強くなるのは非常に好ましいことですが、残念ながら全てそうかというとそうではありません。「私が苦しんでいる時に ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。団塊の世代の方はとても終活に熱心です私も、2~3年前までは、仲間たちと終活セミナーを開催していましたが最近は小さな単位(サークル等)で、お話をさせていただいたりする事が増 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。7月24日の記事「遺骨加工ブレスレットをリメイク」をご覧いただき「娘がリメイクして、ピアスを作りました」とご連絡いただきました。嬉しい限りです。ピアスも簡単にできるような ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。最近は親御さんのために、プレゼントをされるケースが多くなってきました。離れて暮らす親御さんのお一人が亡くなったので、ミニ骨壺や遺骨ブレスレットをプレゼントされたり、独 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。終活というネーミングは、ゴールデン番組でも特集を組まれるほど一躍、脚光を浴びました。終活セミナーでお話させていただいても、「終活ってなに?」ということは少なくなりまし ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「安心なところで」ということで関東から高速で6時間かけてお越しいただいた方のとっても素敵なお話奥様のご兄弟は女性ばかりそうすると、お墓の継承者がいらっしゃいません俗にい ...

↑このページのトップヘ