■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


終活という言葉は市民権を得てずいぶん認知度が高まってきました。
ゴールデンの番組でも特集が組まれています。 

この終活の象徴がエンディングノートです。
 

昨年まで、エンディングノートは、
遺言ノートだと私自身が勘違いしておりました。
世の中にはまだ、たくさんの方がそう、
思っていらっしゃる方がおられると思います。

エンディングノートは、
大切な人に想いを伝えるメッセージノートです。
例えば、ノートの1ページには夫婦や子供の思い出を記すページがあります。

日頃、言えていない感謝の気持ちを
言葉で残しておくことができるのです。
恥ずかしいからって感謝の気持ちを言わないで
逝ってしまうのはとても心残りですよね。

早く逝った父がエンディングノートを残してくれていたら、
とても嬉しかったと思うのです。

そして、父が生きてる間にこのノートを見ることができたなら、
感謝したであろうし、もっと嬉しかったと思うのです。

きっと、辛い時、悲しい時の生きる力になったと思うのです。
1429850679640
 


シニアライフ ブログランキングへ