■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

『子供たちに迷惑をかけたくない!』と皆が思っています。
しかし、誰でも老いれば人の手を必要とします。
死んだ後の後始末は自分ではできません。
迷惑をゼロにすることは不可能です。

エンディングノートは一般的には遺言ノートと
思っている方がたくさんおられます。

エンディングノートは迷惑をかけないように書くのではなく、
『迷惑はかけるけれど最低限の準備はしておくからお願いね』
という家族に贈るメッセージノートです。

例えば余命告知。
よく聞くのは子供同士で
『知らせてはかわいそう』『すべき』と
意見が違うことがよくあります。

そのことで悩み苦しんでも、
最終的には本人の意思表示があれば救われます。
家族はあなたが健康で無くなった時から、
たくさんの決定をしなければなりません。

どんな人にも、その選択をする奥底には、
熱い思いや愛情があるはずです。

それをエンディングノートで整理し、
家族や周囲の人に伝える事で、
家族の中に、自分の理解者ができてきます。
そのことは、これからの人生を輝かしいものにしてくれます。

そして遺された者もよりよく送ることができます。
そのことは遺された者が、
人生を歩む上でとっても大切なことです。

YXDVhwFwDbZyeI51427334080_1427334349




シニアライフ ブログランキングへ