■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


人生のバトンを渡す側と、
バトンを渡される側の幸せの違い

死を迎えていく人の純粋な希望と、
遺される人々の思いのくい違い

実はよくあります。

例えば、治療方法
末期がんのM男さん80才
もう、十分に生きたから治療はしないで
緩和治療で自宅で逝きたいという

M男さんの奥さんは
1日でも長生きして欲しいと思っていて
治療を放棄することが許せない

お互いが分かりあえないままで
別れが来てしまうと、お互いが
一生の悔いになります。

何とか、残された時間の中で
すり合わせなくてはなりません。

それには、想いを伝えることが必要です。
そして、遺されるものを納得させられるだけの、
理由が必要です。


しかし、遺される者にも想いがあります。

自分の幸せが遺される者の幸せになるには
両者の幸せのバランスを
上手に考えていくための工夫が必要です。

遅かれ早かれ必ず起きる「死」
そのことをあまりにも遠ざけた社会

語らうことによって
自己がそれまで気づかなかったものが
きっと見えてきます。

 
yjimageVZ3GPXLJ

 💛💛💛💛終末医療期のカウンセリング💛💛💛💛
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人生のバトンタッチをよりよいものにするために
【大切な人に迷惑をかけないためにしておくべきこと】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●日時
2015年8月12日(水 )13:30~15:30(受付 13:20~) 
2015年8月16日(日 )13:30~15:30(受付 13:20~)  

●会場
大津市旧大津公会堂 201会議室
〒520-0047  大津市浜大津1丁目4番1号

●参加費
価格 1,000円(税込)
※エンディグノート無料進呈※ 

●申込方法
電話 0748-82-2700(平日10:00〜16:00)
インターネット http://www.shukatsu-study.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

    想いを伝えることがとっても大切です。

■■■■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行責任者
運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美
■発行者住所
滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)

■お問い合わせ
info@l-born.com

 ■L・ボーン株式会社のコンテンツ一覧

  ▶明るい終活のススメ    

  ▶明るい終活のススメ のFacebook

  ▶よりよく『おくり』、よりよく『いきる』ブログ   

  ▶手元供養商品   こころの杖   

  ▶こころの杖のFacebook

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

 ランキングに参加しております。励みになりますので良かったクリックお願いいたします。


シニアライフ ブログランキングへ