死別の心をケアするカウンセリング 陽だまりごごろ
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

墓の歴史はそんなに古くはありません。
お墓によく「先祖代々の墓」とありますが、何十代も続いているお墓はまず、ありません。

現代のようなお墓が建てられ始めたのは、江戸中期の頃からだと言われています。
といっても、その頃からすべての庶民がお墓を建てられたわけではありません。
権力や富を持つ経済的に豊かな層が建てられただけで、
一般の庶民にとってはまだまだ縁遠いものでした。

誰もがお墓を自由に建てられるようになったのは、さして古いことではありません。
昭和30年代の日本の高度経済成長時代から、国が豊かになり、
私たち庶民の生活にも先祖を思いやる精神的なゆとりが生まれたり
そして、霊園といった墓地が定着したりと
そういった様々な要因の中で、お墓が
一般大衆化されてきました。

お墓というものは一族のシンボルであり、一族で守るという意識が強くありましたが
戦後の新民法によって家族制度は大きく変化し、
一族の墓が、一家の墓という形に、さらに一代の墓、個人の墓へと変貌してきています。 

そういえば、私が幼い時に逝った、曾祖母や祖母の墓参は〇〇株のお墓(一族のお墓)でした。
祖父がお墓を建立時に、先祖代々の墓として、祖父の父や祖父の名も刻んだために
ずーと昔からそこにあったように思ってしまっていますが、
一般庶民のお墓で、5代続いているというのは計算に合わないことになります。

人は死後、魂は天に昇り、肉体は地に帰ると考えられています。
大事なお骨が入っているお墓に大切に祀られ、拠り所とされ
手を合わせることで魂を呼び寄せると考えられてきました。

すなわち、肉体から遊離し拡散した気を集めて同期するが遺骨であり、墓であるのです。


あらゆる宗教においてお墓の建立を義務づけている教義はありませんが
この拠り所とする意味合いは、日本人の心にはとてもしっくりくるものだと思います。

ですから、自分自身が拠り所とできるものは何かを自由に考えればいいと思います。
但し、周りの反対を押し切ってすることは得策ではありません。
自分らしくを理解してもらって選択することが大切です。

心の拠り所としてお墓とお仏壇以外の選択をされる方に対して
あまりよく思っていらっしゃらない人がいらっしゃいます。
そのことで、傷ついておられる方も少なくありません。
生活スタイルは多様化され、それぞれに合う供養の仕方も多様化しています。
心の拠り所として自由な選択ができるように願って止みません。

yjimageF8P1BJIJ


pVSIxjvYhbRerpC1444873862_1444874469

励みになりますので宜しければボッチとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ

■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美
■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
 
・‥…死別の心をケアするカウンセリング 陽だまりごころ・‥…━━━☆

   ・‥…━信楽焼の手元供養「こころの杖」 ・‥…━━━☆
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。