死別カウンセリング「こころの杖」
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

夫婦はいくら仲が良くても、松の葉のように同時に散る訳にはいきません。
残念ながら、いずれは一人になります。

その、前段階として、連れ合いの介護が必要になってきます。
一般的には夫が妻の介護をするということは、夫側は想定していません。
そのため、妻の介護が現実になると、夫側の戸惑いは想像以上のものになり、
掃除、洗濯、買い物、食事等の一切の役割が重く、押しかかる訳です。

今は便利な宅配サービスやコンビニに行けば個食惣菜が並んでいます。
それらを上手く利用するのも手ですが、ご飯も炊けないようでは困ります。
生きる力が試されることになりますが、生きる力は急には身につきません。

子供が自立し、夫婦だけになったら少しずつ初めてみませんか?
夫婦間であまり依存しあわないことを心掛けてみませんか?
新しい種類の楽しみが見えてくるかもしれません。

yjimage2
励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
      ・‥… 信楽焼の手元供養「こころの杖」・‥…━━━☆
        ・‥… 粉骨サービス「こころの杖」・‥…━━━☆
      ・‥… 死別カウンセリング「こころの杖」・‥…━━━☆

   
 ■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

      ■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。