死別カウンセリング「こころの杖」

いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

月日は光陰矢の如しと言うのは本当ですね。
自分の還暦は想像もしていなかったんですが、やっぱりやってきました。
これを機会に「想像もしていなかった」ことにならないように、
努力して後悔の無い過ごし方を意識しようと思います。


終末期の人が言う後悔の一つに
美味しいものを食べなかったことがあります。

食欲は
最後まで残る本能ですが、終末期になると食欲は落ちます。
そして、
味覚を感じなくなることもあります。
抗がん剤治療をしている人も同じような事をおっしゃいます。
中には、そのまま味覚が戻らない人もいます。

ある末期がんの患者さんのご家族が、
(お父さんが食べたかった名店のお寿司を食べさせたい)と思い
持って行かれたが、食べても全く味がしなかったそうです。

食欲や身体能力の低下による、食欲の変化により、
味付けが全く同じなのに、違う味覚に感じてしますことも多く、嘆く人は多くいらっしゃいます。

そんなことが頭の片隅にあったので
30数年間、ずーっと食べたいと思っていた料理を、伊勢神宮参拝の後に頂いてきました。
期待通りの美味しさで、あの味覚や情景は一生忘れることは無いでしょう。
五感に叩き込んできました。
還暦のお祝いにと祝ってもらったわけですが
還暦がなければそこに寄ることもなかっただろうし、
わざわざ、そのことだけに行くこともなかったと思います。
もし、行ってなければ、記憶の奥に閉まったまま、
(あの時、思い切って行っておけばよかったなあ)と思っていたのかもしれません。

そのことを、家族が知っていたら
(行かせてあげれば良かった)の後悔になることになります。
行かせていれば、家族は自分の中で折り合いをつける材料になるかもしれません。

そんなこんなで、後悔しないための良いスタートを切れたと思います。
まずは一つクリアです。

長い時間がかかることもあります。
少し、意識してやっていきますのでお付き合いください。
意識すればチャンスはやってきます。

145465970060614546597176291454659726651

励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
      ・‥… 信楽焼の手元供養「こころの杖」・‥…━━━☆
        ・‥… 粉骨サービス「こころの杖」・‥…━━━☆
      ・‥… 死別カウンセリング「こころの杖」・‥…━━━☆

   
 ■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

      ■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。