死別カウンセリング「こころの杖」
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

ちょっと意外ですが手元供養の骨壺は
贈り物にされることが結構、多いんです。

多いのが、連れ合いを亡くされた、お父さんやお母さんに
子供たちがプレゼントするケース。

子供達も全員成長し、夫婦2人で長く生活されていた親御さんは
そのまま、単身で住まわれることが多い。 
足腰の弱くなった、お父さんお母さんはお墓に行くのもままなら無いので
子供たちが心配して手元供養の骨壺をプレゼントするのです。

長く2人で生活されていたご夫婦が
一人暮らしをすることはとても寂しいものです。
老いることは孤独に打ち勝つことが大半かもしれないと思ったりもします。
寂しさだけでなく、不安もあります。

そんなお母さん、お父さんを案じて、子供たちが心の拠り所を送ります。
手元供養は時代が作りだした贈り物ともいうことができます。

IMG_3247
励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
      ・‥… 信楽焼の手元供養「こころの杖」・‥…━━━☆
        ・‥… 粉骨サービス「こころの杖」・‥…━━━☆
      ・‥… 死別カウンセリング「こころの杖」・‥…━━━☆

   
 ■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

      ■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。