死別カウンセリング「こころの杖」
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

死はとても怖いし、悲しいものです。
日頃、私は死のカウンセリングや骨壺を企画したり、死にまつわることをやっていますが、
もし、余命宣告されれば必ず、動揺します。
かと言って、永遠の命をあげようと言われればハッキリと断ります。
周りの知り合いも誰も居なくなって、永遠の命を授かるのは
余命宣告をされるよりずっと辛いことだと感じます。

もし、死が全て不幸なら全ての人は最後は不幸になるということです。
そんな思いの中で死を迎えるよりは、大切な人とかけがえのない時間を過ごす。
そういう視点で生きる方が、自分にとってそして大切な人にとって意味あるものになってきます。

ただ、このことはとても精神力を鍛えていなければ、今日明日に出来ることではありません。
ほんの少し、頭の片隅に死を意識しておく。

永遠の命を与えてもらって、何代も後の子孫たちと一緒に生きている自分より、
自分から後の子孫たちを、空の上から見守っている自分の方がいいと思いませんか?

ちょっと違う視点から死を見てみる。
俯瞰をすることで、死が漠然と理解できてきます。

yjimageXBDPZSPK

そっと寄り添い、そばにいる死別カウンセリング「こころの杖」


励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
    ・‥… 信楽焼の手元供養「こころの杖」・‥…━━━☆
      ・‥… 粉骨サービス「こころの杖」・‥…━━━☆
    ・‥… 死別カウンセリング「こころの杖」・‥…━━━☆

■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。