死別カウンセリング「こころの杖」
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

玄関から顔をのぞかせて
「ちょっと見せてもらっていいですか?」と入ってこられた
観光に来られていたMさんのご家族
お若い30代のご夫婦と就学前の女の子と男の子

「先に通った時に可愛い鳥が見えたので気になっていました」と
親子4人で「可愛いね」なんて言いながらご覧になられていました

「ここにあるのは全て骨壺なんですよ」と伝えると
「だから、引き寄せられたのね」とビックリしたように奥さんがおっしゃいました。

幸せそうな4人家族は5年前までは5人家族だったとのこと
そして、今もリビングに置いてあるご長男のご遺骨
「お兄ちゃんをここに入れてあげたい」とご主人に相談されると
「いいね。喜ぶと思うよ。お母さんが気にいったのなら、いいんじゃない」とご主人。
そして、お二人のお子さんにも「お兄ちゃんをここに入れてあげようと思うの?」と伝えると
「可愛いね。お兄ちゃん、きっと喜ぶね」と優しい眼差しを向けられた

お子さんを亡くされたご家族には
そのことが原因で離婚されたご夫婦や関係がギクシャクしたご夫婦
そんな中で子供たちが犠牲になったご家庭もたくさんあります

しかしながら、ご縁を頂いたこのご家族のことを思うと学ぶところが多く
家族を思いやりながら、悲しみを乗り越えてきた感が実に見えてくるのです。
小さなことを着実に積み重ね、今に至る姿は
きっと幼くして亡くなったご長男にとっても嬉しいことだと思うのです。

※画像は、ヤマトタケル伝説をモチーフにした骨壺

IMG_3785


悲しみのケアと死別にまつわる、夫婦関係や親子関係、人間関係が織りなす

様々な問題や悩みをカウンセリング


励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
    ・‥… 信楽焼の手元供養「こころの杖」・‥…━━━☆
     ヤフーショッピング 信楽焼の手元供養「こころの杖」
      ・‥… 粉骨サービス「こころの杖」・‥…━━━☆
    ・‥… 死別カウンセリング「こころの杖」・‥…━━━☆

■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。