死別カウンセリング「こころの杖」
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

「安心なところで」ということで
関東から高速で6時間かけてお越しいただいた方のとっても素敵なお話

奥様のご兄弟は女性ばかり
そうすると、お墓の継承者がいらっしゃいません
俗にいう無縁墓になるんです
そして、お母様がお亡くなりになりました

ご主人は長男ではなかったので
いずれ、何らかの選択をする立場です。
なら、この機会に皆が入れるお墓を建てようと実行されるのです。
奥様のご先祖さまも入れるように、「〇〇家先祖代々の墓」ではないのです
奥様のお墓が無縁墓にならないように、両家が入れるお墓です。

実はこういったお墓は必要なのですが
古いしきたりや見栄や面子がこの事を可能にさせないのです。
いずれ、男の子のいないお家のお墓は、全て継承できないことになってしまいます。

当社の手元供養のように、こころの拠り所は多様化しておりますが

従来からのお墓やお仏壇にも、こころの拠り所として、重要な役割を果たしています
核家族化に伴い、「祖父母や親族も家族である」という意識が弱まる中で
このお話は、頭が下がる思いです。

表面化する問題を次世代に残さない。
何を大切にし、問題を解決するのかが、とても重要なことになってきます。

yjimageG2BCIZAB

悲しみのケアと死別にまつわる、夫婦関係や親子関係、人間関係が織りなす

様々な問題や悩みをカウンセリング


励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
    ・‥… 信楽焼の手元供養「こころの杖」・‥…━━━☆
     ヤフーショッピング 信楽焼の手元供養「こころの杖」
      ・‥… 粉骨サービス「こころの杖」・‥…━━━☆
    ・‥… 死別カウンセリング「こころの杖」・‥…━━━☆

■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。