死別カウンセリング「こころの杖」
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

大切な人を亡くした時、私たちは大きな喪失感を味わいます。
自分に残されているものに気づかず、
悲しみだけにとらわれて、あらゆるものを喪失したように感じてしまいます。

自らの力を過少評価したり、親族とのごたごた等から
必要以上の閉塞感や疎外感、孤独感を感じたりしながらも現実が目の前に迫ってきます。

家族間の中では、亡くなった人の役割を誰かが担おうとして、
各々の位置づけに変化が起こります。
家族全員が長期に渡り、同じ方向を向いていれば
ぽっかり空いた穴は埋まっていくのですが、
摩擦が起こったり、
思いやりの行き違いが起こったりする場合もあります。

心に余裕がなかった大切な人を失った時期、
やっとそのことに向き合う時間が取れて、、
グリーフを学ぶ方が少しづつ増えてきています。
「あの時、分かっていればもっと違う受け止め方ができた」
「もっと、許せることができた」
「あんなに苦しまなくっても済んだのに」
「もっと早くに知っていれば良かった」と
私も含め皆さんそんな思いです。

大切な人を亡くすと、世界が変わってきます。
そして、もう一度、再構築しなければなりません。
これは独り暮らしでも変わりません。
是非、そういった捉え方で向き合っていただきたい。
yjimage
悲しみのケアと死別にまつわる、

夫婦関係や親子関係、人間関係が織りなす

様々な問題や悩みをカウンセリング


励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
信楽焼の手元供養 こころの杖
■ヤフーショッピング 信楽焼の手元供養 こころの杖
粉骨サービス 信楽焼の手元供養 こころの杖  
死別カウンセリング 信楽焼の手元供養 こころの杖

■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。