死別カウンセリング「こころの杖」
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

子供が姉妹だけの場合、
全員が嫁ぐとお墓の継承ができない
今回もそんなご家族です

長くお父さんの看病をされ、お父さんをお墓へ埋葬されたお母さん
その後も一人でお住まいでしたが、軽度の認知症になられて
独り暮らしがずいぶん心細かったご様子

そこで、娘さんはご家族の了解を得、お母さんを引き取られました。
前々から「娘たちに迷惑はかけられない」と強く気にされていたお母さん
なるべく迷惑をかけないように、お骨は全て散骨にしてほしいと希望されました。

そして、娘さんが「最近はこんなのがあるの」と遺骨ブレスレットの説明をされ、
ずっと傍にいることができるということがとても安心されたというのです。
最終的に丈夫なことが当社を選んだ理由だという事でした。

親子で十分に話し合いの上、選択されたお骨の行方
子を思い、なるだけ迷惑をかけないようにというお母さんの思いは
娘さんに1点の迷いもなくそのことをさせたのでした。

バトンを渡す側、受け取る側の双方が納得して出した答えには
双方の安心があり、そのことが周りの家族や親族にも安心を与えられるのです。
yjimage5PT3HP7M

~悲しみのケアと終活にまつわる人間関係が織りなす
様々な問題や悩みをカウンセリング~

励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
信楽焼の手元供養 こころの杖
■ヤフーショッピング 信楽焼の手元供養 こころの杖
粉骨サービス 信楽焼の手元供養 こころの杖  
死別カウンセリング 信楽焼の手元供養 こころの杖

■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。