死別カウンセリング「こころの杖」
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

発信内容が純粋な死別カウンセリングの内容から
そこから派生する情報発信に変わりつつあるので
トップの画像を変更いたしました。
遺族のグリーフから見た、人生のバトンタッチをよりよくするための情報を
発信していきたいと思いますので宜しくお願い致します。

高齢者の医療費無料化などをきっかけに
在宅から病院にと40年間で大きく変わってきましたが、
国は人生の最終段階を過ごす場所を
病院から在宅へと変えようと力を入れています。
ここで又、大きく変わろうとしています。

団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年をめどに
要介護に状態になっても、住まい、医療、介護、予防、生活支援を
住み慣れた地域で続けることができるようにという
『地域包括ケアシステム』

2月のセミナーでも何度となく申し上げましたこのシステム
これからもっと整備されてくると考えられます
知識をつけて制度を使いこなすことが必要です

私が提案するのは健康な時から、
かかりつけ医を見つけることが大切です。
時間をかけて身体だけの事ではなく環境や人柄を知ってもらう
できれば家族の事も知ってもらうことも大事です。
そして、元気な時から、意識して地域の人とのつながりを大切にして
日々過ごすことが、先での安心につながります。

「在宅は無理だから病院で」といっても
病床数が減る中で望んで、
利用できない状況も今後は考えておかないと行けません。

yjimage8PDD4D1O

死別にまつわる、夫婦関係や親子関係、人間関係が織りなす

様々な問題や悩みをカウンセリング


励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
信楽焼の手元供養 こころの杖
■ヤフーショッピング 信楽焼の手元供養 こころの杖
粉骨サービス 信楽焼の手元供養 こころの杖  
死別カウンセリング 信楽焼の手元供養 こころの杖

■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。