死別カウンセリング「こころの杖」
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

私たちは日頃、死とは無縁で生きています。
日々、時間に追われて生活していますが、
死を直視させられた時に、時間が有限である事を実感します。

そして残された時間の課題はグリーフに引き継がれます。
大切な人を失って初めて感じる思慕や喪失感、自責感、怒り、疎外感等々。
特に思慕は辛く、長い期間続きます。

グリーフケアはその深い悲しみの中にあり、
人それぞれに違う答えがあります。
それを引き出すことこそが、ケアすることにあたります。

しかし、社会が昔ほど、グリーフケアの仕組みを持たなくなったので、
10年も20年も経ってからグリーフを学び、気づく人が多くいる実状は
その答えを引き出せないまま過ごしている人が多いくいることを示しています。

大切な人を亡くすという、大きな課題のグリーフは
大切な人が残してくれたプレゼントなのかもしれません。

私たちもいづれ通る道。
大切なものは何かを教えてくれた成長の機会は、愛おしく、尊い。

yjimage

大切な人を亡くし、傷ついた心をカウンセリング

遺族を悲しませないための終活カウンセリング


励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
信楽焼の手元供養 こころの杖
■ヤフーショッピング 信楽焼の手元供養 こころの杖
粉骨サービス 信楽焼の手元供養 こころの杖  
死別カウンセリング 信楽焼の手元供養 こころの杖

■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。