死別カウンセリング こころの杖
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

人生90年、100年の時代がやってきました。
昔と違って子供が独立しても夫婦2人世帯が多く
連れ合いに先立たれた夫にとって、生活習慣に様々な変化が起こります。

まず、食生活が変化します。
独りぼっちの食生活は寂しく、つい、外食ばかりになってしまったり、
出来合いのお惣菜ばかりになってしまいがちです。
お酒の量が増える人もいます。
栄養が偏ると高血圧や糖尿病等の生活習慣病になってしまいます。
有名なお話では
作家の城山三郎さんは、奥様がいない家に帰るのが寂しいので、
かなりの量のお酒で、寂しさを紛らわせていたとのことです。

そして、日常生活の雑多な掃除、洗濯、近所付き合い等と
慣れないことをしなければなりません。

生きている張り合いが無くなり、病院の受診や検診を拒む方、
自分の身体なんかどうなっても構わない思う方もいます。
周りも失意の中にいる人を、仕方がない事と感じ
あまり強く言うこともしません。
こんな状態が長期化すると身体や精神面でよいことはありません。

死別のストレスの受け方は人それぞれに違いはありますが
死別のストレスの大きさから考えると
身体や精神面に問題が生じても不思議ではありません。

是非、グリーフ(死別の悲哀)を理解してほしいと願ってます。

image

励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
手元供養の専門店 こころの杖
■ヤフーショッピング 手元供養の専門店 こころの杖
粉骨サービス 手元供養の専門店 こころの杖  
死別カウンセリング こころの杖
うちの子のきろく

■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。