死別カウンセリング こころの杖
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

70年近く連れ添った、連れ合いが亡くなった
周りの人は「大往生やったねえ」というけれど
俺は大声をあげて泣きたいほど悲しい・・・

子供たちが独立して、2人の生活は40年を超える
色々あったけど、結構仲良しだった
思い出はたくさんあるけど、やっぱり寂しいし、どうしていいのか・・・

人生の中で一番辛かったことは連れ合いを失くしたこと、
その次に、周りにその悲しみや辛さを理解してもらえなかったことだという

高齢者のグリーフは周りの理解不足のため
過少評価される傾向があります。
そして、悲しむ能力が無いと思われて
葬儀に呼ばれなかったり、優しい言葉をかけてもらうことが
少なかったりします

グリーフからの立ち直りには
家族や周りの人の寄り添いが大切です
癒されることなく、不公平感を持ったり、
疎外感を感じて孤立することの無いように
自分の親御さんや祖父母が亡くなられた時に
是非、残された父や母、祖父母のことを
気にかけてやって欲しいのです。


グリーフを経験した人の中で10%~20%程度の人に
「複雑化したグリーフ」が認められると言われています。

yjimageYVGU1Q7D
励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ


手元供養の専門店 こころの杖
■ヤフーショッピング 手元供養の専門店 こころの杖
粉骨サービス 手元供養の専門店 こころの杖  
うちの子のきろく

■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。