死別カウンセリング こころの杖
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

「バタバタしていたんで考えも及びませんでした」と
以前からよくある連れ合いの方からの「お骨が欲しい」のご相談

特に逆縁(子供が親より先に死ぬこと)の場合や
自身が若くてお子さんがいらっしゃらない場合は
生前に連れ合いと話合い、
ご自分の希望を生前から
叶えられる手だてをとることがとても重要になってきます。

目まぐるしく通夜、お葬式が済み、納骨までの間に、
悲しみや苦しみ、そして未来への不安が押し寄せる中で、
その姿は追い求めても無く、あるのは連れ合いのご遺骨。
究極の形見ともいえるご遺骨には、特別なものが存在します。

しかし、逆縁の場合は親や親戚の意向が強く働き、
ジェネレーションギャップもあり、
納骨までにトラブルが発生することが多い。
グリーフケアが必要な時期に
悲哀の度合いを大きくするような状況になることがしばしばです。

故人の「分骨してやって欲しい」このたった一言があれば
遺された人は救われるのです

yjimageUHP4R5CG

励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ


手元供養の専門店 こころの杖
■ヤフーショッピング 手元供養の専門店 こころの杖
粉骨サービス 手元供養の専門店 こころの杖  
うちの子のきろく

■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。