死別カウンセリング こころの杖
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

終末期には私達はあらゆるものを奪われ
死に向かわなければなりません。

遺族になった私達は愛する人を奪われても
生きていかなければなりません。

私達はいずれ、全てを奪われてしまうわけですが
全ての人が何も残らないわけではありません。

奪うことのできない、愛や信仰、信念、哲学という
精神を支える永遠なものがあるかどうかということは
その人を絶対的に支え、遺族を支えることになります。

女は嫁ぐと、嫁ぎ先の信仰にというのが通俗的ですが、
終末期になり、そのことに苦悩する人もいます。
遺族は救えなかった自身の苦悩は勿論のこと、
救われなかった故人の苦悩にも気づくことになります。

奪われても残るもの・・
愛する人を亡くし、グリーフを経験した人の中に
持ち合わせている人が多いものです。

yjimage

励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ


手元供養の専門店 こころの杖
■ヤフーショッピング 手元供養の専門店 こころの杖
粉骨サービス 手元供養の専門店 こころの杖  
うちの子のきろく

■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。