死別カウンセリング こころの杖
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

夫を亡くした時、
女性は男性と違い、地域や趣味など多方面で人と人とのつながりを持ったり、
自身を開放する能力にたけているために癒される場面が多々あります。

を亡くした時、
男性は女性と違い、地域等の人とのつながりを持たなかったり、
自身を開放する能力が無いため孤独になりがちです。

連れ合いへの依存性が高いと
連れ合いを通じての人と人とのつながりしか持つことがなく
連れ合いを亡くすと、それらの人と人とのつながりは徐々に遠ざかります。
連れ合いの親族も例外ではありません。

自分で求めなくても、連れ合いがいるだけで自動的についてきた
人と人とのつながりは連れ合いを亡くすと違ってきます。

同様に、
連れ合いの威光を笠に着て得た人と人とのつながりも、連れ合いを亡くすと違ってきます。

どちらも、孤独感や孤立感が強く、うつ的傾向になる状況があります。

連れ合いとの抱き合わせでなく、
自分自身を認めてくれる人と人とのつながりを1つでも持っていることは
自身にとって大きい支えとなります。

今、ある人と人とのつながり
連れ合いを亡くした時どうなるのか、
一度、考えてみませんか?

yjimage
励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ


死別カウンセリング こころの杖  
シングルマザーのご相談 ひとりさまのご相談  男性のご相談
粉骨サービス ◆信楽焼の手元供養品 ◆ガラス製の手元供養品 ◆遺骨アクセサリー ◆ペットのために
■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。