死別カウンセリング こころの杖
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

いくら仲の良い夫婦でも
当たり前なのですが・・・
松の葉のように一緒に逝くわけにはいきません。

ひとりになると色々なことに覚悟が必要なのですが
覚悟がないままに決断すると、不安や寂しさを余計に背負うこともあるのです。

連れ合いを亡くした後、
無防備に話せる相手が居なくなり、
連れ合いの親戚や友人、知り合いとは少しづつ距離を感じはじめ
お金のこと、健康、孤独死、認知症と
数えきれればキリがないほど不安と寂しさが押し寄せてきます。

そんな親をみて、子供たちが「私たちのそばに来なさいよ」と
快諾して近くに引越しましたと喜んだものの、
以前よりも心にぽっかりと穴があいたまま。

子供たちは忙しいのでそんなに会うことはありません。
孫たちも大きくなったので塾や部活に忙しく寄ってはくれません。
引越したのでお友達やご近所の人間関係は一からです。
買い物に行っても「こんにちは~」「お久しぶり~」「どうしてたの~」なんて
言ってくれる人は一人もいません。
家を手放さなければ良かった・・

グリーフ時に、自分の持っている力に気づかない人は多い。
残りの人生に思いを馳せてじっくり考えること。
整理しながら考えれば、対処すべき課題は明確になります。
yjimage46G0ETWN
励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ


死別カウンセリング こころの杖  
シングルマザーのご相談 ひとりさまのご相談  男性のご相談
粉骨サービス ◆信楽焼の手元供養品 ◆ガラス製の手元供養品 ◆遺骨アクセサリー ◆ペットのために
■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。