死別カウンセリング こころの杖
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

故人の気配を感じ、周りを見渡したり、
ふと思い出し話しかけたりすることがありませんか?
これらは「ちらつき現象」と呼ばれています。
多くの死別者が経験することですから心配することはありません。

大切な人はもういないことが分かっているから
故人が居なくてもやっていける生活を身につけなければならないのに
故人の存在感や気配を感じたり、
ふとした時に思い出したりすることは苦痛ですが
それを望んでいる自分が存在すること。
そのことに気づいて欲しいのです。

ちらつき現象が悲嘆からの回復に影響を与えると考えがちですが、
そんなことはありません。

故人の姿を慈しみ、心の片隅に残しておこうとする気持ちは
自分仕様で自らの意識の中に留めることが可能になり、
思い出したい時や、傍にいて欲しい時に
自然と表れるようになってきます。

yjimage8YDD2AQI

励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ



  
 

■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。