死別カウンセリング こころの杖
いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。

手元供養を始めたのは10年前、
周りは「何て変わったことを・・」という反応でしたが、
葬送や埋葬は当時と比べると本当に変わりました。

家庭には百人百様の事情があります。
そして、人には百人百様のらしさがあります。
事情やらしさを考えて選択できることはとても良いことだと思っています。

ただ、どうしても理解してくれない人たちがいるのも事実です。
昔からの葬送や埋葬・供養が唯一であり、
それでなければ故人が成仏しないと考える人たちもいます。
戒名の長さを誇示する人たちからすると
戒名がなかったり、直葬(※)だとかは
天変地異の出来事になるのかもしれません。

地域や年代、経済で許容範囲はずいぶん違ってきますが
大切な人を亡くすことは、人生で最大の心の傷を負ってる状態です。
批判や陰口でどうか傷つけないで、
親族だからこそ分かってあげる立場でいて欲しいと思います。


追記:直葬のメリットは大幅に費用を抑えられることと、
   葬儀後の香典返しや挨拶等の必要ないことが大きなことです。

   しかし、デメリットもあります。
   例えば、参列したかったと思っている人が参列できずに
   不満を持つ場合があります。弔問の対応が必要になる場合があることを
   心にとどめておきましょう。
   
、菩提寺によっては、宗教的儀礼を省いたことによって、
   納骨を認めてくれないところもあるようです。これまでの関係を保つためには
   直葬を行う前に、菩提寺と相談しておくのがよいと思います。

background-3159017__340

励みになりますので宜しければポチッとお願いします

カウンセリング ブログランキングへ


グリーフケアカウンセリング  
母子家庭のご相談  ■聴いてほしい
粉骨サービス ◆信楽焼の手元供養品 ◆ガラス製の手元供養品 ◆遺骨アクセサリー ◆ペットのために
■発行責任者  運営会社 L・ボーン株式会社   代表取締役 今井 暁美

■発行者住所  滋賀県甲賀市信楽町長野1197-2(信楽伝統産業会館前)
━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 
最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。