死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアアドバイザーとして遺族の方のお話していると、どんな生き方をしてきたかがとても大切なことであることが分かります。そして、『自分らく』生き抜くことが、自分や大切な人を悲しませないことだということが、鮮明に分かってきます。人生を「ありがとう」と終えるための発信をしています。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

2015年03月

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■洋子さんは15年前に夫を亡くし、昔から住む家で一人暮らしでしたが、ここ数年で急速に体が弱り、足が不自由になって要介護認定1の要介護認定を受けました。そこで不安になり、これを機会に娘家族を呼び同居 ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■「家族葬にして欲しい」「樹木葬にしてほしい」「海の見える丘で眠りたい」「散骨して欲しい」「主人と同じ墓には入りたくない」と葬儀やお墓の形をとってみても、さまざまな選択ができる時代です。 しか ...

↑このページのトップヘ