死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアアドバイザーとして遺族の方のお話していると、どんな生き方をしてきたかがとても大切なことであることが分かります。そして、『自分らく』生き抜くことが、自分や大切な人を悲しませないことだということが、鮮明に分かってきます。人生を「ありがとう」と終えるための発信をしています。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

2015年04月

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■エンディングノートにある延命治療の項目大半が希望しないにチェックされます。それは、迷惑をかけたくないから。でも、延命治療の意味も理解しないで希望しないにチェックされてる方が少なくありません。延命治療は回復が ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■明るい陽射しが降り注ぎ、新緑が心地よい日ですね。身近にいらっしゃった一人の方の逝き方をご紹介します。事業をされてたわけでもなく、役職がついていたわけでもなく、親の遺産があったわけでもない、K ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■『エンディングノートの書き方』の勉強会を、できれば、ご夫婦や親子で参加していただきたいと思っておりました。今回は1組だけですがご夫婦で参加頂きました。 どれだけ愛おしく思っていても、松の葉の ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■『子供たちに迷惑をかけたくない!』と皆が思っています。しかし、誰でも老いれば人の手を必要とします。 死んだ後の後始末は自分ではできません。 迷惑をゼロにすることは不可能です。エンディングノート ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■洋子さんが相続させられるのは、住んでる家とわずかな貯金のみ。相続人は離れて住む長男と、足が不自由になった時に同居してくれた長女。足が悪くなった時は不安だったけれど、娘家族が同居してくれてから ...

↑このページのトップヘ