死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアは、大切な人を亡くした時に抱える思慕や絶望、後悔、罪悪感、疎外感等にとことん寄り添い、回復へと導くことです。悲しみのプロセスは人によって違います。そして、回復する過程も人それぞれ違います。傷ついた心で乗り越えようとすれば、心は疲弊してしまいます。 頑張らなくても大丈夫です、ちゃんと回復への道があります。 その道を、しっかりと照らすものがグリーフケアカウンセリングです。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。ボイスマルシェカウンセラー。

2015年05月

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■遺影を毎日みられる方のお話を聞くと「遺影は毎日、違った表情を見せる」とおっしゃいます。勿論、写真ですからそんなことはあるはずはありません。でも、落ち込んでいる時は「大丈夫、あなたならやれるわ ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■私の周りには年齢的に親の介護をしている友人や知人が多い。そんな中の1人。今まで自宅介護であったが症状が進んだので施設に入所できることになった。彼女は仕事を持ちながらの介護生活でした。もう自宅に ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■C男さんはご夫妻は70代夫婦2人暮らし。C男さんは今後の事を考えて仏壇を購入しようと考えておられます。しかし、気がかりなことが1つ。奥さんが実の両親の供養をリビングボードの上に写真を立て、お花を飾り、 ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■平成23年度の「年間死亡者数」は約125万人でした。そのほとんどの方々が病院で亡くなられます。戦後のベビーブームの団塊の世代の死亡者数がピークを迎える時、年間の死亡者数は160万人となります。 今の ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■M子さんは自分の親の葬儀が高額な支払だったことをよく覚えていました。葬儀に頼んだ僧侶や戒名になぜ、あんなに高額になるのかが理解できなかったから、自分の時にはあんなにお金をかけなくってもいいと思 ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■7年ほど前のご相談の内容はご親戚の相続の事でした。当時、Aさんは60歳前お話をしていると、ご自身は35年ほど前に離婚。そして、息子さんがお1人。2歳から会ってなく、どこに住んでいるかも知らないと言う ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■昨日のセミナーに参加された70代の方のお話。「子供にとって私の過去の事なんか楽しくないでしょう」っておっしゃいました。でもね、自分が生まれる前の親の人生に興味が無いわけではありません。似た性格に驚 ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■人が死亡するとその人の名義のであった銀行口座はその時点から凍結します。例え、配偶者であっても故人の預金を引き出すことは出来ません。死亡時点から相続が発生するからです。相続人全員の共有財産とな ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■子供のいないC子さん。夫とは同い年の夫婦。資産については夫との間で互いに分かってればいいし、通帳のお気場所も夫婦で分かりあっています。C子さんにはお子さんがいないので法定相続人は夫とC男さんの兄 ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■グリーフ(悲嘆)ケアアドバイザーになって一時期、雫の会とどんぐりの会を立ち上げ、色々なお話を聞く機会がありました。雫の会は死別体験者の会でどんぐりの会は男性のみの死別体験者の会その中で女性の死別者は、 ...

↑このページのトップヘ