死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。グリーフは時間が解決してくれると考えられていますが、寄り添う対象があってのことです。社会情勢の変化で、死は話せることでは無くなった今、ネットを見ても答えは出ていません。自らの答えを自ら探さなくってはなりません。読んでいただき参考にしていただければ幸いです。

2015年12月

死別の心をケアするカウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。カウンセリングとセミナーのウエイトが当初の予定より多くなり私がブログを始めた頃と比べると伝えたいことが、少しづつ現実に近づいてきて内容が少し、変化してまい ...

信楽焼の手元供養「こころの杖」カウンセリングをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。先日20日はセミナーを静岡でやらせていただきました。良いお天気に恵まれ、多くの人にお集まりいただき大変有意義な時間となりました。セミナーで関が原を超えたのは ...

死別の心をケアするカウンセリング 陽だまりごごろをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。今日は又、考えさせられた、M子さんのお母さんのお話ですM子さんのお母さんは女で1人で3人の子を育てられました。M子さんはお兄さん、お姉さんを持つ3人兄 ...

死別の心をケアするカウンセリング 陽だまりごごろをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「あなたの家族は何人ですか?」と質問するとどうも、おじいちゃん、おばあちゃんが入ってない。別居していると、その答えもうなずけるが、2世帯住宅で1日、顔を ...

死別の心をケアするカウンセリング 陽だまりごごろをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。人は亡くなったら、初七日、二七日、三七日・・・と法要をし、七七日で成仏して仏になり、私たちを見守ってくれる。お盆にはご先祖様が家に帰ってくる。頂きもの ...

死別の心をケアするカウンセリング 陽だまりごごろをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。親を亡くすと何が一番辛いかと言うと、あんな風に何の見返りもなく、ただ愛してくれた人がいなくなってしまったということを、何年経ってもとても寂しく思うこと ...

↑このページのトップヘ