死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアは、大切な人を亡くした時に抱える思慕や絶望、後悔、罪悪感、疎外感等にとことん寄り添い、回復へと導くことです。悲しみのプロセスは人によって違います。そして、回復する過程も人それぞれ違います。傷ついた心で乗り越えようとすれば、心は疲弊してしまいます。 頑張らなくても大丈夫です、ちゃんと回復への道があります。 その道を、しっかりと照らすものがグリーフケアカウンセリングです。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。ボイスマルシェカウンセラー。

2016年01月

死別カウンセリング「こころの杖」をご覧いただいております皆さまに感謝申しあげます。甲賀地域の方もご覧いただいているようで、読者の数も5,000人を超すこととなりました。気持ちも新たに目標に向って進んでまいります。「死んだら、できないから今の間に楽しまないと」確 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。相続争いに1つの判決が下りました。 これを見ると様々なことが想像できます。ここで、見えてくる詳しいことには触れませんが、この判決が大岡裁きのようで喜ばしいことではあり ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。親の終活は子にとって重要事項子の終活も又、親にとって重要事項であることに違いありません。しかし、まだまだ、このエンディングにまつわる事柄を考えることが、「縁起が悪い」 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。粉骨のご依頼が増えてまいりました。粉骨をされるご事情は様々ですが、多いのが納骨堂へ改葬するのでコンパクトのしたい、そして散骨希望の方も多くいらっしゃいます。そんな中で ...

「こころの杖」のカウンセリングをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。”親の終活は子にとって重要事項”と先日、申し上げましたがその逆の、子の終活は親にとっても重要事項です。平均寿命が伸びる中で、逆縁は珍しいことでは無くなってまいりました。 ...

「こころの杖」のカウンセリングをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。不要な悲しみや苦しみを負わないように終活の必要性を少しずつお伝えしていますが、終活の必要性をあまり、分かって下さらない方も確かにいらっしゃいます。先日も、「親ももう80歳 ...

「こころの杖」のカウンセリングをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。カウンセリングの中に多いのは周り人たちの言葉に傷ついている方。「もう、忌も明けたんだから」とか、「1年も経つんだから」と思慕の思いにふけるのは好ましくないと考える方がた ...

「こころの杖」のカウンセリングをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。親の終活は、子にとって無関係なことは一つもありません。バトンを受け取る側も終活の項目や内容は把握しておくことは必須です。今、団塊の世代が親を看取る時代に入ってきておりま ...

業務の体制が変わり手元供養「こころの杖」のカウンセリングからお届けすることになりました。いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。老人の夫婦のみの世帯平均寿命からいくと女性が残る確率が高い。そんな時に沸き起こったA子さんの同居の話。A子さんは息 ...

手元供養「こころの杖」のカウンセリングをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。還暦を目前にしまして、エンディングの準備をこれから少しずつしていこうと思います。両親ともに見送っ ...

↑このページのトップヘ