死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。グリーフは時間が解決してくれると考えられていますが、寄り添う対象があってのことです。社会情勢の変化で、死は話せることでは無くなった今、ネットを見ても答えは出ていません。自らの答えを自ら探さなくってはなりません。読んでいただき参考にしていただければ幸いです。

2016年08月

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。団塊の世代の方はとても終活に熱心です私も、2~3年前までは、仲間たちと終活セミナーを開催していましたが最近は小さな単位(サークル等)で、お話をさせていただいたりする事が増 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。7月24日の記事「遺骨加工ブレスレットをリメイク」をご覧いただき「娘がリメイクして、ピアスを作りました」とご連絡いただきました。嬉しい限りです。ピアスも簡単にできるような ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。最近は親御さんのために、プレゼントをされるケースが多くなってきました。離れて暮らす親御さんのお一人が亡くなったので、ミニ骨壺や遺骨ブレスレットをプレゼントされたり、独 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。終活というネーミングは、ゴールデン番組でも特集を組まれるほど一躍、脚光を浴びました。終活セミナーでお話させていただいても、「終活ってなに?」ということは少なくなりまし ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「安心なところで」ということで関東から高速で6時間かけてお越しいただいた方のとっても素敵なお話奥様のご兄弟は女性ばかりそうすると、お墓の継承者がいらっしゃいません俗にい ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。玄関から顔をのぞかせて「ちょっと見せてもらっていいですか?」と入ってこられた観光に来られていたMさんのご家族お若い30代のご夫婦と就学前の女の子と男の子「先に通った時に可 ...

↑このページのトップヘ