死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアは、大切な人を亡くした時に抱える思慕や絶望、後悔、罪悪感、疎外感等にとことん寄り添い、回復へと導くことです。悲しみのプロセスは人によって違います。そして、回復する過程も人それぞれ違います。傷ついた心で乗り越えようとすれば、心は疲弊してしまいます。 頑張らなくても大丈夫です、ちゃんと回復への道があります。 その道を、しっかりと照らすものがグリーフケアカウンセリングです。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。ボイスマルシェカウンセラー。

2016年08月

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。団塊の世代の方はとても終活に熱心です私も、2~3年前までは、仲間たちと終活セミナーを開催していましたが最近は小さな単位(サークル等)で、お話をさせていただいたりする事が増 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。7月24日の記事「遺骨加工ブレスレットをリメイク」をご覧いただき「娘がリメイクして、ピアスを作りました」とご連絡いただきました。嬉しい限りです。ピアスも簡単にできるような ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。最近は親御さんのために、プレゼントをされるケースが多くなってきました。離れて暮らす親御さんのお一人が亡くなったので、ミニ骨壺や遺骨ブレスレットをプレゼントされたり、独 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。終活というネーミングは、ゴールデン番組でも特集を組まれるほど一躍、脚光を浴びました。終活セミナーでお話させていただいても、「終活ってなに?」ということは少なくなりまし ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「安心なところで」ということで関東から高速で6時間かけてお越しいただいた方のとっても素敵なお話奥様のご兄弟は女性ばかりそうすると、お墓の継承者がいらっしゃいません俗にい ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。玄関から顔をのぞかせて「ちょっと見せてもらっていいですか?」と入ってこられた観光に来られていたMさんのご家族お若い30代のご夫婦と就学前の女の子と男の子「先に通った時に可 ...

↑このページのトップヘ