死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアアドバイザーとして遺族の方のお話していると、どんな生き方をしてきたかがとても大切なことであることが分かります。そして、『自分らく』生き抜くことが、自分や大切な人を悲しませないことだということが、鮮明に分かってきます。人生を「ありがとう」と終えるための発信をしています。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

2017年02月

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。国は、住まい・医療・介護・予防・生活支援を一体的に提供する「地域包括ケアシステム」を目指しています。質の良い、最期を迎えられるかは、地域医療と地域社会との絆がベースに ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大切な人に想いを馳せ、出来事や思い出をたどること。そのことは、その中に生きる意味を見出すきっかけ作りになります。 遺された人生をより有意義に生きるために必要なプロセスな ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。彼の家にお仏壇はなく、お父さんが亡くなった後、遺影と分骨したお骨が入ったミニ骨壺を体裁よく飾ってあるサイドボードの上たまに、お花も飾るし、ご馳走も備えるらしい豪華な仏 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。子供が姉妹だけの場合、全員が嫁ぐとお墓の継承ができない今回もそんなご家族です長くお父さんの看病をされ、お父さんをお墓へ埋葬されたお母さんその後も一人でお住まいでしたが ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。遺骨ブレスレット・ウィズは世代を繋いでいける形見として7年前に製作しました。親から子へ、子から孫へという想定でした。ところが、お孫さんが「欲しい」とか「身に着けたい」と ...

↑このページのトップヘ