死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。グリーフは時間が解決してくれると考えられていますが、寄り添う対象があってのことです。社会情勢の変化で、死は話せることでは無くなった今、ネットを見ても答えは出ていません。自らの答えを自ら探さなくってはなりません。読んでいただき参考にしていただければ幸いです。

2017年09月

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。もし、「余命1年です」と宣告されたら、何を大切にしたいですか?大切にしたいことの優先順位は本人にとって、家族にとって、そして医師や看護をする人にとっても大切なことです。例 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。多くの家族の中で過ごした私は、3歳の時に曾祖母を亡くしたことが最初でした。その後、祖母、父、祖父、そして、55歳の時に母を亡くしました。グリーフケア(死別悲嘆のケア)を知った ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。連れ合いが療養して、夫婦や家族の絆がより以上に強くなるのは理想的ですが、残念ながら、亀裂が入ったとか、破綻したということも珍しくはありません。「夫が見せる態度には我慢が ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。私が9年前に手元供養専門店を始めた時、手元供養という言葉さえご存じない方が多く、手元でご遺骨を供養するって、そんな変わったこと・・という捉え方でした。しかし、ゴールデン番 ...

↑このページのトップヘ