死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。グリーフは時間が解決してくれると考えられていますが、寄り添う対象があってのことです。社会情勢の変化で、死は話せることでは無くなった今、ネットを見ても答えは出ていません。自らの答えを自ら探さなくってはなりません。読んでいただき参考にしていただければ幸いです。

2018年09月

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死は誰にでも訪れる何より平等な事柄ではないだろうかと、職業柄、日々感じるのですが人生100年時代は私たちに死をますます遠いことのように感じさせているように思うのです。TVでは ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。私は56才の時にグリーフケアを学ぶことになります。職業柄、ご遺族の方とお会いすることが多く、個人的な見解でお話していることに疑問を持ったことがきっかけです。当時、ペットと ...

↑このページのトップヘ