死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。グリーフは時間が解決してくれると考えられていますが、寄り添う対象があってのことです。社会情勢の変化で、死は話せることでは無くなった今、ネットを見ても答えは出ていません。自らの答えを自ら探さなくってはなりません。読んでいただき参考にしていただければ幸いです。

2018年11月

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます葬儀や埋葬、供養のスタイルは多種多様なものになってきました。それに伴い、エンディングノートの項目もかなり細かくなっています。エンディングノートに自筆で残してあれば、伝えら ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。離婚して一度も会ってない子供に会わなければ・・と考えたのは還暦も過ぎ、ふっと身辺のことを考え始めた時だったと言うご相談者離婚してからはおひとり様です。ずーっと心の片隅に ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。夫と死別すると、ほんの少しの物音や地震で家が揺れて不安になったり、知らない人の訪問や電話に恐怖を感じたりした時に夫の存在が自分や家族にとってどれほどの安心をもたらせてく ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別の悲しみと言ってもそれは様々です。もう会えない悲しみの奥底にある心理は深く傷ついた心で見えてきません。ほんの少しづつ時間をかけて心の中を整理していけば必ず見えてきま ...

↑このページのトップヘ