死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。グリーフは時間が解決してくれると考えられていますが、寄り添う対象があってのことです。社会情勢の変化で、死は話せることでは無くなった今、ネットを見ても答えは出ていません。自らの答えを自ら探さなくってはなりません。読んでいただき参考にしていただければ幸いです。

2019年07月

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別反応の表出には個人差があります。夫婦間や、兄弟間等で感じるズレなどで関係が仕草や今までのようにいかなくなったケースも多々あります。自身の表出のみを基準として捉えるこ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「話し相手や相談相手がいない」「故人が居そうな場所を考える」「故人の服や持ち物を見るとふと思い出す」「故人がたまらなく恋しい」等々と繰り返し思い出す思慕もう二度と逢えな ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死後直後の衝撃の時期、私達は言葉を失ってしまいます。うつ的になり引きこもりの状態になり思考が停止し、自身が何を考えているか分からない状態になり、普通の判断力を失ってしま ...

↑このページのトップヘ