死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。グリーフは研究されて、死別の悲しみに適応するヒントが見つかりつつありますが、一般的には認知度が低く、活用されていません。 一人で対処するのが難しいと感じているのなら、カウンセリングは手助けのきっかけの一つとなります。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

2019年08月

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。元交際相手のマンションに侵入して逮捕された坂口杏里さん彼女は母の坂口良子さんを亡くしてからどうもうまく歩めていない。感情のコントロールができないままに走り続け次々に人を ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。エンディングフェアが開催されていたので供養と埋葬の選択肢が増えたので、故人らしい、そのご家庭らしい想いもよりフィット感がでてくるんじゃないかと思います。10年前と比較して ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。茨城県、常磐道の煽り運転の犯人は昨日、逮捕された様子今朝からTVで映し出される逮捕劇を見ていると犯人は「お母さんと死別してから人が変わった」とインタビューに答えてる人がい ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。グリーフは死別の時に起こるだけのものではありません。ザックリと言えば喪失によって生じる悲哀のことですから、失恋や離婚もそうです。受験や就職の失敗、事業の失敗、職を失った ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大家族の時代、遺族になった私達を癒してくれたのは、家族や地域社会が担ってくれていた部分が多くありました。大切な人との別れには儀式を重ねるしきたりがあり、遺族を気づかって ...

↑このページのトップヘ