死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアは、大切な人を亡くした時に抱える思慕や絶望、後悔、罪悪感、疎外感等にとことん寄り添い、回復へと導くことです。悲しみのプロセスは人によって違います。そして、回復する過程も人それぞれ違います。傷ついた心で乗り越えようとすれば、心は疲弊してしまいます。 頑張らなくても大丈夫です、ちゃんと回復への道があります。 その道を、しっかりと照らすものがグリーフケアカウンセリングです。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。ボイスマルシェカウンセラー。

カテゴリ:遺された家族

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別という人生の中での最大のストレス要因そして、そのことで否応なしに変化せざるをえない家族システム多くの遺族の方と接していますと、見えてくるその後の家族のあり方そんな ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大切な人を亡くした時、私たちは大きな喪失感を味わいます。自分に残されているものに気づかず、悲しみだけにとらわれて、あらゆるものを喪失したように感じてしまいます。自らの ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。残された遺族の多くの人が最初に示す反応にうつ的な防衛と躁的な防衛メカニズムが存在します。例えば、外見的にはダメージが見られないように見えるかもしれないがとりあえず体を ...

↑このページのトップヘ