死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアアドバイザーとして遺族の方のお話していると、どんな生き方をしてきたかがとても大切なことであることが分かります。そして、『自分らく』生き抜くことが、自分や大切な人を悲しませないことだということが、鮮明に分かってきます。人生を「ありがとう」と終えるための発信をしています。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

カテゴリ:供養

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。この間、新聞に掲載されていたマイ骨壺自分らしい骨壺を希望される方が多くなってきて、マイ骨壺が増加しているとのことでした。考えてみれば当社にもお問い合わせが多くなってまい ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。彼の家にお仏壇はなく、お父さんが亡くなった後、遺影と分骨したお骨が入ったミニ骨壺を体裁よく飾ってあるサイドボードの上たまに、お花も飾るし、ご馳走も備えるらしい豪華な仏 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「最近、母親が仏壇のことを心配しています」とAさんうまく、バトンを受け取るためにAさんは年に3、4回近況を話してくれますお母さんがエンディングノートを書き始め自宅にある ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。子供さんに男の子がいなく、娘さんを全員嫁がせた場合、先祖代々のお墓は継承できなくなります。ご夫婦間で墓地や埋葬の事を話し合っておられないご家庭ではお葬式を済ませた娘さ ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。団塊の世代の方はとても終活に熱心です私も、2~3年前までは、仲間たちと終活セミナーを開催していましたが最近は小さな単位(サークル等)で、お話をさせていただいたりする事が増 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「安心なところで」ということで関東から高速で6時間かけてお越しいただいた方のとっても素敵なお話奥様のご兄弟は女性ばかりそうすると、お墓の継承者がいらっしゃいません俗にい ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。ご自宅に火葬場から持って帰ってきたままで、ご遺骨を置いている方は意外と多い。荼毘に付された後、ご遺骨は遺族と一緒にご自宅へと戻られます。そして四十九日などの区切りまで ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。ご主人が亡くなり、ご主人が好きだった知多の海に散骨をするというご家族。子供さんは全員独立し、息子さんは近くに住み、娘さん達もよくお母さん宅に寄り一緒にランチをしたり、 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。祈りの道具がセットになりました。ミニ骨壺と三具足(花立・香炉・火立)をミニ仏壇や手元供養専用に仕上げました。4つのアイテムが統一されたデザインで、拠り所とする空間がスッキ ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「父がお墓はいらないと言い残し、逝きました。供養するのにとても困っています」最も多いご相談内容です。そして、近年、特に多いのも、このご相談です。その多くは「子供に迷惑 ...

↑このページのトップヘ