死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。グリーフは時間が解決してくれると考えられていますが、寄り添う対象があってのことです。社会情勢の変化で、死は話せることでは無くなった今、ネットを見ても答えは出ていません。自らの答えを自ら探さなくってはなりません。読んでいただき参考にしていただければ幸いです。

カテゴリ:供養

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。ご自宅に火葬場から持って帰ってきたままで、ご遺骨を置いている方は意外と多い。荼毘に付された後、ご遺骨は遺族と一緒にご自宅へと戻られます。そして四十九日などの区切りまで ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。ご主人が亡くなり、ご主人が好きだった知多の海に散骨をするというご家族。子供さんは全員独立し、息子さんは近くに住み、娘さん達もよくお母さん宅に寄り一緒にランチをしたり、 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。祈りの道具がセットになりました。ミニ骨壺と三具足(花立・香炉・火立)をミニ仏壇や手元供養専用に仕上げました。4つのアイテムが統一されたデザインで、拠り所とする空間がスッキ ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「父がお墓はいらないと言い残し、逝きました。供養するのにとても困っています」最も多いご相談内容です。そして、近年、特に多いのも、このご相談です。その多くは「子供に迷惑 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。子供達と遠く離れて暮らす方たちの希望の中に、「死んだら子供たちのそばで眠りたい」と言われる方が多数いらっしゃいます。「お墓の継承は可哀想だけれどやっぱり子供たちの傍に ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。家庭の事情は実に様々です。悲惨なニュースが報道されるたびに思うんです。当社に来社される方やご連絡くださる方は幸せだなあと思うんです。当社に来社される方や、ご連絡くださ ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。ちょっと意外ですが手元供養の骨壺は贈り物にされることが結構、多いんです。多いのが、連れ合いを亡くされた、お父さんやお母さんに子供たちがプレゼントするケース。子供達も全 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。粉骨のご依頼が増えてまいりました。粉骨をされるご事情は様々ですが、多いのが納骨堂へ改葬するのでコンパクトのしたい、そして散骨希望の方も多くいらっしゃいます。そんな中で ...

死別の心をケアするカウンセリング 陽だまりごごろをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「あなたの家族は何人ですか?」と質問するとどうも、おじいちゃん、おばあちゃんが入ってない。別居していると、その答えもうなずけるが、2世帯住宅で1日、顔を ...

死別の心をケアするカウンセリング 陽だまりごごろをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。実はお骨は湿気を吸う性質を持ちます。ですから、昔からお墓の骨壺の中は水浸しというお話はよく聞きます。実際、お墓から取り出したお骨の粉骨は直ぐにはできま ...

↑このページのトップヘ