死別カウンセリング こころの杖

大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導く死別カウンセリング こころの杖では、シングルマザー、おひとりさま、男性の方のグリーフケアカウンセリングを行っています。グリーフを知ることや違う解釈で人生を見た時にきっと人生は創造することができます。頑張らなくても大丈夫です、回復への道があります。 グリーフに視点を持って様々な情報を発信していきたいと思います。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

カテゴリ:グリーフケア

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別反応の表出には個人差があります。夫婦間や、兄弟間等で感じるズレなどで関係が仕草や今までのようにいかなくなったケースも多々あります。自身の表出のみを基準として捉えるこ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「話し相手や相談相手がいない」「故人が居そうな場所を考える」「故人の服や持ち物を見るとふと思い出す」「故人がたまらなく恋しい」等々と繰り返し思い出す思慕もう二度と逢えな ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。いくら仲の良い夫婦でも当たり前なのですが・・・松の葉のように一緒に逝くわけにはいきません。ひとりになると色々なことに覚悟が必要なのですが覚悟がないままに決断すると、不安 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。もう、何年も経ち、生活もそれなりに楽しくやっているのに、突然、悲しみが襲ってくるそんな経験がある人は多いはずです。死別の悲しみを乗り越えるというと死別の悲しみとは全く切 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「私の悲しみを理解してもらえない」と訴える人は多い例えば、連れ合いに・・例えば、兄弟姉妹に・・例えば、義理の父母に・・「これが、他人なら私も分かるが身内なので許せない」 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。ぽっかり空いた心の寂しさに男性は女性を女性は男性を求める瞬間が多くなります。(女性の場合は警戒心を持ち合わせている場合も多々あります)どんなに強がっていても、他人には分 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。終末期の患者さんと遺族の共通する心情起きれば「おはよう」と言える相手がいて、決まりごとのように朝の慌ただしい音がしてたわいのない会話を交わし合い、仕事や学校に出かける。 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。私達は今まで幾度か「何のために生きているんだろう」「生きることの意味は何なのだろう」と問いかけたことがあります。これが存在の意味についての問いかけです。死に直面すると、 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大切な人のターミナルケア(治癒の可能性のない患者を援助する)が行われる際、家族もグリーフを抱えることとなります。(予期悲嘆といわれます)大切な人をもっともよく理解している ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。シングルマザーにとって重要な課題は自分と家族が健康でいること。そして、経済力をつけて家庭を安定させることです。蓄えや保険金はそんなに長くは持ちません。シングルマザーの経 ...

↑このページのトップヘ