死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。 グリーフには独特のメカニズムがあります。あまり頑張り過ぎなくっても大丈夫です。回復への道があります。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

カテゴリ:グリーフケア

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。前回の「認知症のグリーフケア」で掲載した”故人との思い出の写真や思い出の品を傍に置いてあげたり、祈りの場を作ってあげることやお墓参りも有効ではないかと思われます”この” ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。自宅で供養できる小さな骨壺を販売して10年あまり多くのほのぼのとした光景に数多く出逢ってきました。故人の生き方はご家族の様子に反映されています。施設に入所しているご両親認 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さま新年あけましておめでとうございます。 今年も、どうぞよろしくお願いいたします。   生と死は背中合わせ。送る人と逝く人も背中合わせ。私達も同じいく道を通らなければなりまんせが、核家族が大半 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大切な人を亡くし、後悔の無い人や怒りを持たない人はいないどうして救うことができなかったのか別の施設だったら・・もう、1秒違っていたら・・「ありがとう」と言えばよかったもっ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。連れ合いに先立たれ、「これからどうして生きていけばいいのか・・」ひとり親家庭の現状は悲しみより現実に如何に対処するかです。そして、現実対処が困難な時に感じる死別の悲しさ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。リビング・ウィル一度は耳にされたことがあるんじゃないでしょうか?終末期の医療・ケアについての私たちの意思表示です。意識もあり理性的判断ができる内に、終末期において自分がし ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。核家族になり、老人世帯でない限り、死は遠い他人事です。TVでも雑誌でもこぞって「健康でいきいき生きるための~」と叫びドラマでも息を引き取るシーンを見なくなった気がします ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別の悲しみや苦しみ、不安を何とかして乗り切ろうと私達は努力します。大切な人との死別によって、一瞬にして違って見える日常の風景生活の習慣やルールがが変化することに戸惑い ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。カウンセリングをする中で、お互いの時間の都合を合わさなければならないことや時間制限があること、金銭的な負担が少なくないことや合うかどうかが分からないから最初はとても勇気 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。故人の気配を感じ、周りを見渡したり、ふと思い出し話しかけたりすることがありませんか?これらは「ちらつき現象」と呼ばれています。多くの死別者が経験することですから心配する ...

↑このページのトップヘ