死別カウンセリング こころの杖

死別時に抱える思慕や絶望、後悔、罪悪感、疎外感等のことをグリーフと言います。グリーフは時に、家族のバランスを崩し、家族の力を低下させます。悲しみのプロセスは人それぞれで、回復する過程も様々です。家族の力を再生させ未来への一歩へ踏み出せるように導きます。傷ついた心で乗り越えようとすれば、家族の心は疲弊してしまいます。 頑張らなくても大丈夫です、回復への道があります。 その道を、しっかりと照らすのがグリーフケアカウンセリングです。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

カテゴリ:グリーフケア

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「連れ合いと死別したが、お葬式が済んでも悲しくなく何の感情もわきません私はおかしいんでしょうか?周りの人から見ると、何て薄情な人なんだろうと思われているようで・・」予期 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。記者会見の冒頭での、あまりにも、残念な導き方。唖然としました。類まれな才能をあのような形で閉じなければならない喪失感や挫折感、罪悪感、そして少しの安ど感はいかばかりであ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。介護や死別の悲哀の中には、多くの第3者が存在します故人と自分以外の第3者それは身内や親類縁者、時にはご近所だったり全くの他人だったり・・その人たちの間で交わされる事実のよ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。『思い出の景色の中で眠らせてあげたい』そんな想いでご依頼いただいた銀杏の骨壺喉仏をそのまま入れてあげたいからと、少し大きめの骨壺になります想いは骨壺の内側にも・・じゃ、 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。毎年、この時期になると、ふっと16歳に戻る時があります。父が息を引き取ったその日は、今年のように寒かった。そして、空からひらひらと雪が舞い降りてきた。自分たちが違うレール ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。長寿と核家族は夫婦二人だけで暮らす時間をたっぷり、長いものにしてくれます。30歳で結婚しても、平均寿命までは50年以上、そして今、国が唱えている人生100年時代構想だと70年以上 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。遺品整理をする中で遺族の誰もが手を止めてしまうのが、写真整理だと言われます。「わあ、こんなに若い!」「懐かしい!」の声もやがて「どうすればいいんだろうか?」に変わってき ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。ご遺骨の無縁化が社会問題になっていますが手元供養を選択される方はそれとは真逆の方たちです。様々な背景の中で、想いを持った方が選択をされます。そして、第三者が聞くと「えっ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。多くの家族の中で過ごした私は、3歳の時に曾祖母を亡くしたことが最初でした。その後、祖母、父、祖父、そして、55歳の時に母を亡くしました。グリーフケア(死別悲嘆のケア)を知った ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大切な人とのお別れ前には看病に明け暮れ、悲しみの中で旅立つ儀式を終え、慌ただしく日は過ぎていきます。フッと今後の生活を考えると現実が迫ってきます。新しい人生に向かうため ...

↑このページのトップヘ