死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアアドバイザーとして遺族の方のお話していると、どんな生き方をしてきたかがとても大切なことであることが分かります。そして、『自分らく』生き抜くことが、自分や大切な人を悲しませないことだということが、鮮明に分かってきます。人生を「ありがとう」と終えるための発信をしています。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

カテゴリ:グリーフケア

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。私たちは日頃、死とは無縁で生きています。日々、時間に追われて生活していますが、死を直視させられた時に、時間が有限である事を実感します。そして残された時間の課題はグリー ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。グリーフは、人のパーソナリティにおいて差があるとはいえ連れ合いを亡くした遺族の方々は「死別がこんなに辛いものとは思わなかった」とおっしゃる方がほとんどです。それは、今ま ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。遺骨ブレスレットをお買い求めいただいたTさんとの出逢いはお母様とお姉さま、そしてお子さんの4人でいらっしゃったのが最初でした。お子さんが遺骨ブレスレットを気に入られ、お婆 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。遺族の方のお話をお伺いして約8年。そしてグリーフケアアドバイザーとして約4年過ぎました。遺族の方のお話をお伺いすると、そこにはグリーフ以外の悲しみや苦しみが多く存在するこ ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。多くの遺族の方のお話にはそれぞれの物語があります。その中で、忘れられない何気ない言葉ご主人を亡くされたその方は「自分がこのようなことになって今更ながらに考えさせられま ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別者に対してのことわざ「男やもめにウジがわき、女やもめに花が咲く」連れ合いを亡くした男性には、世話をやいてくれる人がいないので、むさ苦しくなり、夫の世話をしていた女 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。もう再会できないことを納得していても、フッとした時に故人を思い出してしまう。無意識に思い出がよみがえる。もう、10年も20年も経つのに、何かをきっかけにこみ上げてくること ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大切な人に想いを馳せ、出来事や思い出をたどること。そのことは、その中に生きる意味を見出すきっかけ作りになります。 遺された人生をより有意義に生きるために必要なプロセスな ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。今から10年前に、「散骨」という言葉を聞いても、何のことか分からない人が多かったに違いないが、最近、散骨に対する希望はかなり高いものになってきています。それ故、粉骨に関 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。日本香堂がグリーフケアの一環として活用してもらいたいと「三行詩」を募られています。「それぞれの心の声に耳を傾け、共に支え合い、癒し合えるような共感が社会に広がれば」と ...

↑このページのトップヘ