死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアアドバイザーとして遺族の方のお話していると、どんな生き方をしてきたかがとても大切なことであることが分かります。そして、『自分らく』生き抜くことが、自分や大切な人を悲しませないことだということが、鮮明に分かってきます。人生を「ありがとう」と終えるための発信をしています。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

カテゴリ:長男

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「最近、母親が仏壇のことを心配しています」とAさんうまく、バトンを受け取るためにAさんは年に3、4回近況を話してくれますお母さんがエンディングノートを書き始め自宅にある ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━現在の相続でも長男が、遺産を独り占めにして、他の兄弟には、相続放棄させるという話がよくあります。1947年の民法改正で、長男が家を引き継ぐ、長子相続は廃止されましたが、未だに、この感覚を引きづって ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━長男には非常に申し上げにくい話であるが,私が今までみてきた問題や悩みは長男が将来のリスクを甘く見ていなければ問題や悩みは半分以下になっていると思われる。夫に兄弟がいる場合、親の相続人は夫と兄弟であ ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■私の年代は丁度、親の病院通いや介護にと時間を割いてる年代です。たくさんのご相談をお伺いしておりますが、ご家庭によって本当に様々です。その中に、一人で母親の面倒を見ているCさんがいます。痴呆の ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■洋子さんが相続させられるのは、住んでる家とわずかな貯金のみ。相続人は離れて住む長男と、足が不自由になった時に同居してくれた長女。足が悪くなった時は不安だったけれど、娘家族が同居してくれてから ...

↑このページのトップヘ