死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアは、大切な人を亡くした時に抱える思慕や絶望、後悔、罪悪感、疎外感等にとことん寄り添い、回復へと導くことです。悲しみのプロセスは人によって違います。そして、回復する過程も人それぞれ違います。傷ついた心で乗り越えようとすれば、心は疲弊してしまいます。 頑張らなくても大丈夫です、ちゃんと回復への道があります。 その道を、しっかりと照らすのがグリーフケアカウンセリングです。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

カテゴリ:死別

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。人生90年、100年の時代がやってきました。昔と違って子供が独立しても夫婦2人世帯が多く連れ合いに先立たれた夫にとって、生活習慣に様々な変化が起こります。まず、食生活が変化し ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別の辛さは人生の中で最も辛い体験の一つであり、そのことによって生じるストレスが心と身体に色々な影響を及ぼすことが分かってきています。今回は心に及ぼす影響のお話です。死 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。先日、コメントを求められた死別再婚についての記事です。(日刊ゲンザイの関東版)乗り越えるべき課題は多いですが、私は再婚応援派です。人生、90歳、100歳の時代ですから幸せを求 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。子供にとって、死はどのように受け止められているのでしょうか?そのことがよく分かる作文があるのでご紹介します。作文コンクール最優秀賞「てんしのいもうと」 子供も悲しみ、周 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。48歳のAさんの場合、奥さんは「一緒のお墓に入りたいから、できれば再婚しないで」と旅立たれ、53歳のBさんの場合、奥さんは「パパ、私が死んでも幸せになって、子供たちのことをお ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。7年前にご縁を頂いたYさんからのお手紙食事とトイレ以外はずーっと寝たっきりのお父さんに何かできることをと、ペットの小丸君の遺骨ブレスレットのご依頼がありました。小丸君はと ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。私たちは日頃、死とは無縁で生きています。日々、時間に追われて生活していますが、死を直視させられた時に、時間が有限である事を実感します。そして残された時間の課題はグリー ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。グリーフは、人のパーソナリティにおいて差があるとはいえ連れ合いを亡くした遺族の方々は「死別がこんなに辛いものとは思わなかった」とおっしゃる方がほとんどです。それは、今ま ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大切な人を失った時、身体の一部をもぎ取られたようになったり、心に大きな穴がぽっかりと開いたようになったり、何ともいえない感覚や気持ちになることがあります。それは思春期 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。グリーフから立ち直るヒントは、必ず自分が持っています。あえて言うならば、貴方しか持っていない。今は心が傷ついて,気づけないけれど傷ついた心が癒されれば必ず見えてきます。 ...

↑このページのトップヘ