死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。グリーフは時間が解決してくれると考えられていますが、寄り添う対象があってのことです。社会情勢の変化で、死は話せることでは無くなった今、ネットを見ても答えは出ていません。自らの答えを自ら探さなくってはなりません。読んでいただき参考にしていただければ幸いです。

カテゴリ:死別

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。夫と死別した寡婦、妻と死別した寡夫寡夫は新しいロマンスに走る傾向があり、寡婦は死別した夫にすがりつく傾向があります。再婚率からも、明らかに男女には性差があります。寡婦は ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。カウンセリングの中に「人に言えないこと」というのは結構あって、このことが自責の念や後悔となり、眠れない日々を送る人も少なくありません。この自分の認識している「人に言えな ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別の悲しみや苦しみ、不安を何とかして乗り切ろうと私達は努力します。大切な人との死別によって、一瞬にして違って見える日常の風景生活の習慣やルールがが変化することに戸惑い ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大家族の時代、遺族になった私達を癒してくれたのは、家族や地域社会が担ってくれていた部分が多くありました。儀式を重ねる別れのしきたりには、遺族への気づかいがあり、悲しむ時 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大家族の時代、遺族になった私達を癒してくれたのは、家族や地域社会が担ってくれていた部分が多くありました。大切な人との別れには儀式を重ねるしきたりがあり、遺族を気づかって ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死後直後の衝撃の時期、私達は言葉を失ってしまいます。うつ的になり引きこもりの状態になり思考が停止し、自身が何を考えているか分からない状態になり、普通の判断力を失ってしま ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。夫を亡くした時、女性は男性と違い、地域や趣味など多方面で人と人とのつながりを持ったり、自身を開放する能力にたけているために癒される場面が多々あります。妻を亡くした時、男 ...

新年おめでとうございます。死別カウンセリング こころの杖を読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。今年もどうぞよろしくお願い致します。死別専門カウンセリングを始めて5年目なり、手元供養の製造販売は11年目になりました。両者とも死=不幸という事柄に属して ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。終末期には私達はあらゆるものを奪われ死に向かわなければなりません。遺族になった私達は愛する人を奪われても生きていかなければなりません。私達はいずれ、全てを奪われてしまう ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます葬儀や埋葬、供養のスタイルは多種多様なものになってきました。それに伴い、エンディングノートの項目もかなり細かくなっています。エンディングノートに自筆で残してあれば、伝えら ...

↑このページのトップヘ