死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。グリーフは時間が解決してくれると考えられていますが、寄り添う対象があってのことです。社会情勢の変化で、死は話せることでは無くなった今、ネットを見ても答えは出ていません。自らの答えを自ら探さなくってはなりません。読んでいただき参考にしていただければ幸いです。

カテゴリ:死別

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます葬儀や埋葬、供養のスタイルは多種多様なものになってきました。それに伴い、エンディングノートの項目もかなり細かくなっています。エンディングノートに自筆で残してあれば、伝えら ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別の悲しみと言ってもそれは様々です。もう会えない悲しみの奥底にある心理は深く傷ついた心で見えてきません。ほんの少しづつ時間をかけて心の中を整理していけば必ず見えてきま ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。親子間で問題を抱えている人は実に多く父と子、母と子の心のすれ違いが解消されないまま永遠の別れを迎えてしまうこともあります。今回のご相談は、四十年も前に亡くされた母親との ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。何のために死ぬのだろうか?あまり考えたことがない死への問いかけ一方で生への問いかけをすることは人生の中では多い「なぜ、生きているのか?」「何のために生きているのか?」「 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。励みになりますので宜しければポチッとお願いします妻に先立たれた夫の死亡率は、いくつもの調査で明らかにされており死別後、2年間に目立って高くなっています。男性はグリーフに対 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。悲しみの中にいる人を支えるための言葉として「頑張って」や「元気を出して」は適切な言葉でないことは多くの方が知ることとなりました。不用意な言葉で相手を傷つけることが多くあ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。TVで目にする、親の死が進学に重なるCM親の死は人生のライフイベントに重なることが多く、例えば、進学に限らず、就職、結婚、妊娠、出産、壮年期等と重なることもよくあります。死 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。病院のベッドでAさんは「献体をして欲しい」と望みBさんは「家族だけのお葬式を」と望んだAさんにとっても、Bさんにとってもご遺族は故人の最期の望みということで叶えてあげたいと ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「連れ合いと死別したが、お葬式が済んでも悲しくなく何の感情もわきません私はおかしいんでしょうか?周りの人から見ると、何て薄情な人なんだろうと思われているようで・・」予期 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。人生90年、100年の時代がやってきました。昔と違って子供が独立しても夫婦2人世帯が多く連れ合いに先立たれた夫にとって、生活習慣に様々な変化が起こります。まず、食生活が変化し ...

↑このページのトップヘ