死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアアドバイザーとして遺族の方のお話していると、どんな生き方をしてきたかがとても大切なことであることが分かります。そして、『自分らく』生き抜くことが、自分や大切な人を悲しませないことだということが、鮮明に分かってきます。人生を「ありがとう」と終えるための発信をしています。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

カテゴリ:心理

死別専門カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。時々、若いカップルの方がお見えになります。最初は言いにくいようですが、それなりにお話すると、生まれて間もなくの胎児の ご遺骨があるとのこと。温度調節してもらってギリ ...

死別専門カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。今日もY子さんのお母さんはデイサービスに行く。Y子さんはデイサービスはとっても有難く思っていて、お母さんがデイサービスに行っている間に、日頃できないお家の用事をかた ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━愛する人を失くした時の悲嘆の最大の因子として思慕があがってきます。もはや再会することができないことを納得しながらもふとした時に故人を思い出してしまう反応、無意識に思い出がよみがえる反応のことを ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━私は年齢の高い方のお話を聴くことが多い。「もう、いつお迎えが来てもいいわあ」と冗談で言ってるのかと思っていたら、どうやら本当にそう思っている人が実に多いことが分かってまいりました。聞いてみると ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━先日、友人が駅でチラシをもらってきた。”明るい家庭をつくる方法”というセミナーでした。その頃、彼女は家庭のことで悩んでいたので「行ってみようかなあ。無料でたくさんの参加者が集まるって言ってたし ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━年齢が同じくらいの2人の彼女たちは同じ時期に同じ病気を発症。大きく違うのは病院の選択と患者としての在り方が大きく違ってた。総合病院に入った彼女はインターネットや本であらゆることを調べ、疑問があれ ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━よく、妻に先立たれた夫は後を追うように逝ってしまい夫に先立たれた妻は活き活きと余生を過ごすと言います。しかし、一般的には死別後の精神科医を訪れる頻度は女性は男性の4~5倍あると結果が出ています。 ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━もし、あなたが余命宣告された場合、どんな苦しみがあると思いますか?1つ目は、身体の苦しみ   病気の痛みやそれに伴う日常活動の支障等2つ目は精神的な苦しみ  不安・いらだち・孤独感・恐れ・怒り・ ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━厚生労働省が発表した日本の平均寿命は、男性が80.50歳、女性が86.83歳となった。日本人の寿命の推移は下記に示す通りであるが目を見張るばかりです。      時      代男 女 平 均 寿 命縄 ...

↑このページのトップヘ