死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアアドバイザーとして遺族の方のお話していると、どんな生き方をしてきたかがとても大切なことであることが分かります。そして、『自分らく』生き抜くことが、自分や大切な人を悲しませないことだということが、鮮明に分かってきます。人生を「ありがとう」と終えるための発信をしています。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

カテゴリ:選択肢

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。急に倒れて入院したご主人手術は無事に済み、今はリハビリ中だという約1時間ほどのリハビリは進展がなくご主人の様子が最近はおかしいという奥さん 先生や看護師さんたちには笑顔 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。粉骨のご依頼が増えてまいりました。粉骨をされるご事情は様々ですが、多いのが納骨堂へ改葬するのでコンパクトのしたい、そして散骨希望の方も多くいらっしゃいます。そんな中で ...

業務の体制が変わり手元供養「こころの杖」のカウンセリングからお届けすることになりました。いつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。老人の夫婦のみの世帯平均寿命からいくと女性が残る確率が高い。そんな時に沸き起こったA子さんの同居の話。A子さんは息 ...

死別の心をケアするカウンセリング 陽だまりごごろをいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。今日は又、考えさせられた、M子さんのお母さんのお話ですM子さんのお母さんは女で1人で3人の子を育てられました。M子さんはお兄さん、お姉さんを持つ3人兄 ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━年齢が同じくらいの2人の彼女たちは同じ時期に同じ病気を発症。大きく違うのは病院の選択と患者としての在り方が大きく違ってた。総合病院に入った彼女はインターネットや本であらゆることを調べ、疑問があれ ...

↑このページのトップヘ