死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアアドバイザーとして遺族の方のお話していると、どんな生き方をしてきたかがとても大切なことであることが分かります。そして、『自分らく』生き抜くことが、自分や大切な人を悲しませないことだということが、鮮明に分かってきます。人生を「ありがとう」と終えるための発信をしています。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

カテゴリ:自分らしさ

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。遺族の方のお話をお伺いして約8年。そしてグリーフケアアドバイザーとして約4年過ぎました。遺族の方のお話をお伺いすると、そこにはグリーフ以外の悲しみや苦しみが多く存在するこ ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。ペットが最期まで幸せでいられるように備えておきたい【うちの子のきろく】を発売いたしました。ペットとの日々の暮らしや、食生活や散歩、通院やお薬などの健康管理等の様々な日 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大切な人に想いを馳せ、出来事や思い出をたどること。そのことは、その中に生きる意味を見出すきっかけ作りになります。 遺された人生をより有意義に生きるために必要なプロセスな ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。私は職業的に「死」に係わることが多いかと言えば実はそうではないんです。遺族の方のグリーフを癒すには故人の生きていた足跡をたどることがセオリーです。そんなことから「生き ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。最近は男性の方のご来店が非常に多くなってきました。皆さん、まだまだお元気で、50代60代の方が大半です。お一人で来られる方、グループで来られる方と様々ですが「一家の主とし ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。ご自宅に火葬場から持って帰ってきたままで、ご遺骨を置いている方は意外と多い。荼毘に付された後、ご遺骨は遺族と一緒にご自宅へと戻られます。そして四十九日などの区切りまで ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。結婚して子供が生まれ、子供が独立すると同時に親の介護が始まり、親を送ったら、今度は連れ合いの病気が発覚しました。「一体、私の人生は何なのか?」家族の為に自分の人生を犠 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。 死を目前にして、後悔することの中に”やりたいことをやらなかったこと”があがってきます。 子や親の為に日々明け暮れ「自分の人生なのに、自分の人生ではなかったような気が ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。妹さんからのご相談でした。「兄との関係がとてもギクシャクしています。早くに父が亡くなったので、兄が私たち妹の面倒を見てくれました。母も私たちも、兄を頼りにして大きくな ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。月日は光陰矢の如しと言うのは本当ですね。自分の還暦は想像もしていなかったんですが、やっぱりやってきました。これを機会に「想像もしていなかった」ことにならないように、努 ...

↑このページのトップヘ