死別カウンセリング こころの杖

死別カウンセリング こころの杖は大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導けるように情報を発信しています。グリーフは時間が解決してくれると考えられていますが、寄り添う対象があってのことです。社会情勢の変化で、死は話せることでは無くなった今、ネットを見ても答えは出ていません。自らの答えを自ら探さなくってはなりません。読んでいただき参考にしていただければ幸いです。

カテゴリ:自分らしさ

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。結婚して子供が生まれ、子供が独立すると同時に親の介護が始まり、親を送ったら、今度は連れ合いの病気が発覚しました。「一体、私の人生は何なのか?」家族の為に自分の人生を犠 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。 死を目前にして、後悔することの中に”やりたいことをやらなかったこと”があがってきます。 子や親の為に日々明け暮れ「自分の人生なのに、自分の人生ではなかったような気が ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。妹さんからのご相談でした。「兄との関係がとてもギクシャクしています。早くに父が亡くなったので、兄が私たち妹の面倒を見てくれました。母も私たちも、兄を頼りにして大きくな ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。月日は光陰矢の如しと言うのは本当ですね。自分の還暦は想像もしていなかったんですが、やっぱりやってきました。これを機会に「想像もしていなかった」ことにならないように、努 ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━老人生活の快適さに必要なものの中に本人の資質があります。その中の筆頭にあがるのは、普段の立派さです。私は仕事柄、ご高齢の方によく目がいきます。ここ6~7年でしょうか?スーパーに設置してある椅子にお年 ...

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■地方の飲み屋街の、とあるクラブに1月に1回現れるお爺ちゃん。お勤めしている20代の彼女たちからするとお爺ちゃんになるようです。 彼女たちは、1人のお爺ちゃんを心待ちにする。それはとっ ...

↑このページのトップヘ