死別カウンセリング こころの杖

死別時に抱える思慕や絶望、後悔、罪悪感、疎外感等のことをグリーフと言います。グリーフは時に、家族のバランスを崩し、家族の力を低下させます。悲しみのプロセスは人それぞれで、回復する過程も様々です。家族の力を再生させ未来への一歩へ踏み出せるように導きます。傷ついた心で乗り越えようとすれば、家族の心は疲弊してしまいます。 頑張らなくても大丈夫です、回復への道があります。 その道を、しっかりと照らすのがグリーフケアカウンセリングです。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

カテゴリ:形見

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。セミナーでの風景1枚の写真から、1品の形見から家族に伝えたい物語が生まれます。伝えなければ決して分からなかった1枚の写真や1品の形見に隠された物語はそれぞれの家族への想 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。遺骨ブレスレットをお買い求めいただいたTさんとの出逢いはお母様とお姉さま、そしてお子さんの4人でいらっしゃったのが最初でした。お子さんが遺骨ブレスレットを気に入られ、お婆 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。当社にはパウダーにした遺骨を土に練り込んで作るブレスレットがあります。水にも油にも熱にも対応ができ、日常生活の中で、手軽に長くつけていただきたいとの思いで8年前に販売し ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。遺骨ブレスレット・ウィズは世代を繋いでいける形見として7年前に製作しました。親から子へ、子から孫へという想定でした。ところが、お孫さんが「欲しい」とか「身に着けたい」と ...

↑このページのトップヘ