死別カウンセリング こころの杖

死別時に抱える思慕や絶望、後悔、罪悪感、疎外感等のことをグリーフと言います。グリーフは時に、家族のバランスを崩し、家族の力を低下させます。悲しみのプロセスは人それぞれで、回復する過程も様々です。家族の力を再生させ未来への一歩へ踏み出せるように導きます。傷ついた心で乗り越えようとすれば、家族の心は疲弊してしまいます。 頑張らなくても大丈夫です、回復への道があります。 その道を、しっかりと照らすのがグリーフケアカウンセリングです。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

カテゴリ:人間関係

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。介護や死別の悲哀の中には、多くの第3者が存在します故人と自分以外の第3者それは身内や親類縁者、時にはご近所だったり全くの他人だったり・・その人たちの間で交わされる事実のよ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。セミナーでの風景1枚の写真から、1品の形見から家族に伝えたい物語が生まれます。伝えなければ決して分からなかった1枚の写真や1品の形見に隠された物語はそれぞれの家族への想 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。長寿と核家族は夫婦二人だけで暮らす時間をたっぷり、長いものにしてくれます。30歳で結婚しても、平均寿命までは50年以上、そして今、国が唱えている人生100年時代構想だと70年以上 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。連れ合いが療養して、夫婦や家族の絆がより以上に強くなるのは理想的ですが、残念ながら、亀裂が入ったとか、破綻したということも珍しくはありません。「夫が見せる態度には我慢が ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。人生90年、100年の時代がやってきました。昔と違って子供が独立しても夫婦2人世帯が多く連れ合いに先立たれた夫にとって、生活習慣に様々な変化が起こります。まず、食生活が変化し ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。先日、コメントを求められた死別再婚についての記事です。(日刊ゲンザイの関東版)乗り越えるべき課題は多いですが、私は再婚応援派です。人生、90歳、100歳の時代ですから幸せを求 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。48歳のAさんの場合、奥さんは「一緒のお墓に入りたいから、できれば再婚しないで」と旅立たれ、53歳のBさんの場合、奥さんは「パパ、私が死んでも幸せになって、子供たちのことをお ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。今、TVでも話題の離婚劇見ていると死別をきっかけに沸き起こる感情と混乱に似ています。状況の違いはたった1つ。相手が存在するか否か。存在するが故に、相手に対する怒りは留まる気 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。7年前にご縁を頂いたYさんからのお手紙食事とトイレ以外はずーっと寝たっきりのお父さんに何かできることをと、ペットの小丸君の遺骨ブレスレットのご依頼がありました。小丸君はと ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「母ロス」という言葉をご存じでしょうか?母を亡くしたことによって起こるグリーフ(悲哀)のことを特に「母ロス」と総称しています。日本人は母親との結びつきが強く、この傾向を感 ...

↑このページのトップヘ