死別カウンセリング こころの杖

グリーフケアアドバイザーとして遺族の方のお話していると、どんな生き方をしてきたかがとても大切なことであることが分かります。そして、『自分らく』生き抜くことが、自分や大切な人を悲しませないことだということが、鮮明に分かってきます。人生を「ありがとう」と終えるための発信をしています。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

カテゴリ:人間関係

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。身近な大切な家族が癌になると、ご本人同様、もしかするとそれ以上の動揺や衝撃が家族の皆さんにあるかもしれません。 ご本人にしてみると、連れ合いや家族は、本人のいちばん身近 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別という人生の中での最大のストレス要因そして、そのことで否応なしに変化せざるをえない家族システム多くの遺族の方と接していますと、見えてくるその後の家族のあり方そんな ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。当社にはパウダーにした遺骨を土に練り込んで作るブレスレットがあります。水にも油にも熱にも対応ができ、日常生活の中で、手軽に長くつけていただきたいとの思いで8年前に販売し ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。何かと長であろうとする長男。相続の際にも「俺、長男だから」と幅を効かせるのも長男です。しかし、これが問題をこじらす原因になるのです。介護のお話です。親が身体の自由が効 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。彼の家にお仏壇はなく、お父さんが亡くなった後、遺影と分骨したお骨が入ったミニ骨壺を体裁よく飾ってあるサイドボードの上たまに、お花も飾るし、ご馳走も備えるらしい豪華な仏 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。子供が姉妹だけの場合、全員が嫁ぐとお墓の継承ができない今回もそんなご家族です長くお父さんの看病をされ、お父さんをお墓へ埋葬されたお母さんその後も一人でお住まいでしたが ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。遺骨ブレスレット・ウィズは世代を繋いでいける形見として7年前に製作しました。親から子へ、子から孫へという想定でした。ところが、お孫さんが「欲しい」とか「身に着けたい」と ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。急に倒れて入院したご主人手術は無事に済み、今はリハビリ中だという約1時間ほどのリハビリは進展がなくご主人の様子が最近はおかしいという奥さん 先生や看護師さんたちには笑顔 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。「父を新しいお墓に埋葬するので、粉骨をお願いしたい」と丸1日かけてご夫婦でお越しいただいたご夫婦。お話の中に度々垣間見える、姉妹の長女であるが故の苦悩「長く続いた先祖代 ...

死別カウンセリング「こころの杖」をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大切な人を失った時、身体の一部をもぎ取られたようになったり、心に大きな穴がぽっかりと開いたようになったり、何ともいえない感覚や気持ちになることがあります。それは思春期 ...

↑このページのトップヘ