死別カウンセリング こころの杖

大切な人を亡くし、思慕や絶望、後悔、罪悪感等に苦しんでいる心を回復の道へと導く死別カウンセリング こころの杖。傷ついた心で乗り越えようとすれば、心は疲弊してしまいます。 頑張らなくても大丈夫です、回復への道があります。 約10年、遺族の方と接して、思う大切なことは、①家族と繋がること、②選択肢を持つことと、➂争いの種を見つけ対処することの3つです。いずれ誰にでも訪れる死別、逝く側からおくる方、双方の視点から様々なことを発信していきたいと思います。 いまい あけみ/グリーフケアアドバイザー(日本グリーフケア協会認定)・自分史活用アドバイザー・終活カウンセラー。2008年に手元供養専門店品「こころの杖」を設立。自らも介護、死別、相続等の経験を持ち苦しみ、救いを求めグリーフケアを学ぶ。

カテゴリ:喪失

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別や離婚(喪失)で連れ合いを亡くし、子供があった場合、男性には「子供のために再婚を」というのが一般的で女性には「1人でけなげに働き、子供を育て上げる」のを良しとするのが一 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。死別を経験すると心や体にでてくる様々な反応。思慕や孤独感、疎外感、自責感、睡眠障害、食欲不振等々とこれらの反応を一般的にはグリーフと言っています。広い意味でのグリーフは ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。グリーフを通じて様々なご家族やご夫婦に接し百人百様だなあとつくづく思います。Mさんからのご相談は「主人と一緒のお墓には絶対に絶対に入りたくないのです。一緒のお墓に入いるこ ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。大切な人を亡くした場合、通常、儀式的な形があり、喪に伏していることが認識され、周囲の人からサポートの対象となりますが、人間関係の中には認識されていない仲や公認されない仲 ...

死別カウンセリング こころの杖をいつも、読んでくださっている皆さまに感謝申しあげます。記者会見の冒頭での、あまりにも、残念な導き方。唖然としました。類まれな才能をあのような形で閉じなければならない喪失感や挫折感、罪悪感、そして少しの安ど感はいかばかりであ ...

↑このページのトップヘ